子育ての悩み

2015.9.20

意外と知らない洗濯の基礎知識

意外と知らない洗濯の基礎知識

毎日のお洗濯、思い込みで適当に行ってしまっていませんか?
きちんとした方法で洗濯するかどうかで衣類の長持ち度が変わってきますから、一度基本を見つめなおしてみましょう。

衣類の洗濯表示について

img_cleaningmark_l

衣類には、多くの場合洗濯の方法を示すマークがつけられています。
・洗濯機OK(別途、洗いの強さと水の温度の上限表示、ネット有無などの表示がある場合もあり)
・手洗いでなら水洗いOK(水の温度と洗剤の種類の表示あり)
・水洗い不可
・ドライクリーニング可(ドライクリーニングでないと駄目ということを示すマークではありません。水洗いについては別表記)

 

また、洗濯物の干し方についても、ハンガーにかけて干すことを推奨、ハンガーにかけて日陰干し推奨、平干し推奨、平干し日陰推奨といったマークがあります。
ただし、こうした表記は昔の洗濯機の基準に準じてつけられているため、最近の高性能な洗濯機であれば、洗濯機不可と書かれている場合でも「手洗いコース」や「ドライコース」で洗濯ができる場合もあります。
しかし、特に大切な衣類や高額な衣類に関しては、表示に従った洗濯方法を取るのが良いでしょう。
また、これらのマークは2017年ころを目安に、ISO準拠のものに変更になっていくことが決まっています。
意味するところは同じですが、見慣れたマークではなくなってしまうので、注意するようにしてください。

 

▼関連記事はこちらから

・子ども服を買うなら見逃せない!人気ブランドを徹底比較

・赤ちゃんがいるママも安心!子育てママにオススメの家事代行サービス

 

洗剤の種類

洗濯洗剤には、たくさんの種類があります。
それぞれの特徴についてみてみましょう。

fotolia_58960540

・蛍光剤配合洗剤
ごく一般的な洗剤です。
粉のものや液体のものなど、形状は様々です。
白物衣料の白さを保つための蛍光剤が配合されています。
・蛍光剤無配合洗剤
淡い色の衣類は、蛍光剤配合の洗剤で洗ってしまうと色合いが変わってしまいます。そのため、蛍光剤が入っていない洗剤を使います。こちらもそれほど珍しいものではなく、粉洗剤、液体洗剤ともに豊富な種類があります。
・おしゃれ着用洗剤
洗濯表示では、綿素材でも「ドライクリーニング・手洗い」などと書かれているものがあります。
こうした衣類は、おしゃれ着用洗剤を使って、ドライコース、手洗いコースなどを利用すると洗濯機で洗うことができます。
ウールの衣類なども、この洗剤を使って、洗濯機のドライコースで洗えばほとんどの場合問題はありません。
とはいえ、革やちりめん、芯地の入ったスーツなどは洗うことができません。

利用の際には、使える衣類と使えない衣類の一覧を確認するようにしてください。

漂白剤について

白いシャツの汚れをすっきり落とすには、漂白剤が効果的です。
しかし、白以外の部分まで漂白されてしまったりすることがないよう注意も必要です。
・塩素系漂白剤
台所の布巾などの洗濯に効果を発揮します。
真っ白のTシャツなどにも使えますが、効果が強い分布地を痛めやすいため、あまり高級な衣類には使用を控えましょう。

・酸素系漂白剤
色のついた衣類にも使える洗濯用漂白剤です。
しつこい汚れを漬け置きで落としたりといった使い方も可能です。
液体のものは洗剤と一緒につけ置き、粉状のものはそれのみでつけ置きが可能です。

柔軟剤について

タオルや衣類をふんわり仕上げてくれる柔軟剤は、洗濯が終わった後の仕上げで使います。
一般的な洗濯機で利用する場合には、柔軟剤用の投入口がありますから、そこにいれておくことで自動的に最後に柔軟剤を入れてくれます。
しかし、洗濯の最後に使うものであるため、柔軟剤は肌の弱い人にはあまりよくないという説もあります。
敏感な子どもの肌に触れるものの場合、特に、アレルギー体質の子どものタオルや衣類に使う際には注意が必要です。

人気の【アロマ柔軟剤】BEST3☆

最近では、柔軟剤のなかでも【アロマ柔軟剤】が人気を博しています☆

そんなアロマ柔軟剤の人気ランキグをご紹介します↓↓↓

 

【第1位】 レノアハピネス アンティークローズ&フローラルの香り

kiketei_e273349h

香りの持続性・ふんわり感・吸水感それぞれの評価が高く、総合評価は最上位。お菓子のような甘い香り。乾燥後は、さらにローズの香りは強くなるようです。

 

【第2位】 香りとデオドラントのソフラン アロマナチュラル アロマソープの香り

wakeari_4903301193975

ふんわり感は最上位の評価で、肌触りもよくふっくらな仕上がりに。吸水性も高めの評価。香りの強度はやや弱め。

 

【第3位】 香りとデオドラントのソフラン アロマリッチ Juliette(ジュリエット)

wakeari_4903301215431

デオドラント効果が高く、女性らしいローズの香り。ふんわり感も高めの評価。

 

出典:アロマ柔軟剤ランキング

 

是非、参考にしてみて下さい♪

まとめ

なんの気なしにつかっている洗濯アイテムや表示ですが、実は、こんなにたくさんの種類があるのです。
用途に合わせて賢く使い分けるようにしてください。

あわせて読みたい記事はこちら!