子育ての悩み

2017.2.16

ぐずって可愛そう…赤ちゃんの鼻づまりに試したい○○とは

ぐずって可愛そう…赤ちゃんの鼻づまりに試したい○○とは

小さな身体をしている赤ちゃんは何をしていても可愛らしいですが、鼻がつまってぐずっている姿はとても辛そうに見えますよね。
放っておいていいものなのか、病院へ行った方がいいものなのか、迷ってしまうママ達も多いと思います。
今回は、ぜひ試してほしい赤ちゃんの鼻づまりを解決する方法をご紹介します。

①赤ちゃんの鼻づまリの原因は?

①赤ちゃんの鼻づまリの原因は?

赤ちゃんが小さなお鼻をブヒブヒ言わせて鼻をつまらせている様子は、とてもかわいそうで見ているママも心配になってしまいますよね。
実は赤ちゃんは鼻が詰まりやすいのです。
では、なぜ鼻が詰まりやすいのでしょうか。

それは、赤ちゃんのお鼻は大人と違って鼻が低く穴も小さく、鼻腔が狭いにも関わらず、鼻水の分泌量が大人並みに多いためです。
しかも、赤ちゃんは少しの気温の変化や乾燥で鼻水が増えて固まりやすく、その上仰向けで寝ていることが多いので鼻の奥の鼻水が排出されないのです。
これだけ、鼻がつまりやすい条件が揃っていたら、鼻がつまってしまうのも納得ですよね。

②赤ちゃんの鼻詰まりの対処法

②赤ちゃんの鼻詰まりの対処法

赤ちゃんの鼻づまりは病院へ行かなくても対処できる場合があります。
ここでは、家でできる鼻水対処法をご紹介します。

●ママが口で吸う

赤ちゃんの鼻を口で覆い、直接鼻水を吸い出す方法です。
吸わないほうの鼻の穴を押さえて片方ずつ吸いましょう。
赤ちゃんが風邪などのウイルスに感染していることもあるので、吸い出した鼻水は必ず吐き出してくださいね。

●部屋を加湿する

部屋が乾燥していると埃が飛散しやすいため鼻づまりが起こりやすいです。
赤ちゃんがいる部屋の湿度は、50~60%を目安にしましょう。

●お風呂に入れる

お風呂場は湿度が高いため、鼻水が柔らかくなりやすいです。
また、湯船に浸かることで血行が良くなるため、鼻水が解消されやすいです。
絞った蒸しタオルを鼻の下にあてるとより効果的です。

  • 電動鼻水吸引器を使う

    耳鼻科でも使われる電動の鼻水吸引器のように、赤ちゃんの鼻水を上手にとってくれる吸引器が売られています。
    ネットでも購入できますので、上記の方法で対処できなかったときに購入を検討してみてはいかがでしょうか。

    <体験談>
    先輩ママたちも赤ちゃんの鼻づまり問題を通ってきていますので、体験談をご紹介します。

・エアコンつけっぱなしなので、加湿器もつけてます。
3ヶ月のうちも子も鼻づまり目やにがひどく 今日病院で鼻水吸引して薬をもらい、だいぶ良くなりました!
普段は鼻水吸い機で吸っています。
・よくあります。
初めてのお子さんだと心配になりますよね。
加湿して、自然によくなるのを待つか…って感じだと思います。
熱さえでなければ、大丈夫!
・うちの娘も2ヶ月で鼻づまりしてましたよ(^_^)
とにかくお風呂あがりのまだ湿気がある時に 鼻水を吸ってあげたり綿棒で取ってあげたりしてました
あとは枕を少しだけ高くするとか。
私も病院に行って似たような事を言われたので 中耳炎にならないように、ひたすら鼻の中を綺麗にして取り切れない時は耳鼻科に行って取ってもらってました
病院からも特に薬は処方されませんでしたよ
・うちの子も新生児から3ヶ月ぐらいまで鼻づまりが苦しそうで心配してました。
鼻くそが見える位置にある時は赤ちゃん綿棒で取ってあげて、見えないところにあったり硬くなってて取れない時は母乳をコップか何か容器にすこしだけ出して綿棒を浸して鼻の中に母乳を少量たらしてふやかしてから鼻吸い器で吸うと驚くほどスッキリ取れます。
(http://girlschannel.net/topics/439348/)

また、赤ちゃんの鼻づまりは病院へ行くタイミングが分かりにくいですよね。
鼻づまり以外にも、発熱や咳、耳を痛そうにしているなどの症状がある場合は、中耳炎や副鼻腔炎の可能性もありますので、そういったときは早めに小児科もしくは耳鼻科を受診しましょう。

③まとめ

③まとめ

いかがでしたか?
大人であればたかが鼻づまりと片付けることが出来るかもしれませんが、赤ちゃんにとっての鼻づまりは母乳やミルクが飲みにくくなってしまったり、夜泣きや寝付きが悪くなったりする原因になります。
そうなると赤ちゃんも不機嫌になりママもストレスが溜まってしまいますよね。
赤ちゃんに鼻づまりが見られたら、出来るだけ早めに対処してあげるようにしましょう。

あわせて読みたい記事はこちら!