子育ての悩み

2016.11.17

保育園の公立・私立の違いって?その違いをご紹介

今年は、ツイッターによる保育園に関するツイートで今までより一層「待機児童」という言葉が広まりましたね。
皆さんの中にも、保育園に入りたいけど入れないという方やこれから保育園の利用を考えている方も多くいるでしょう。
そんなときに考えるのが、公立の保育園と私立の保育園の違い。
先輩ママ達は、一体どうやって保育園を選んだのか気になりますよね。
今回は、保育園の公立・私立の違いについてご紹介します。

保育園の公立・私立の違いとは

保育園の公立・私立の違いとは

主な違いは、どの団体が運営しているかです。
公立は市区町村の自治体が行っており、私立は社会福祉法人やNPO法人、この他にも学校法人や企業など、様々な団体が運営を行っています。
自分が住んでいる場所の近くにある保育園の情報が欲しい場合は、区役所や市役所などの窓口で問い合わせをすれば、リストをもらうことができます。

公立・私立の違いを認可・認可外と混同してしまう方もいると思いますが、これは別物です。
認可は国が定める認定基準をクリアしていることをいいますが、公立も私立も準拠する最低基準は同じで、同市区町村内なら保育料も一緒です。

 

これら以外に公立と私立は以下のような違いがあります。

 

<公立保育園の特徴>

・自治体が運営するので先生は公務員
・基準にそって運営しているので、保育の質が園ごとで比較的均一
・運営基盤はしっかりしているが、民営化の波がおしよせている
・保育士さんの勤続年数は私立と比べると長い
・保育士さんの転勤がある(保育園を数年ごとに変わる)

 

 

<私立保育園の特徴>

・運営は民間(社会福祉法人が多い)
・2000年から規制緩和により、株式会社やNPOでも設立が可能になった
・運営母体によって方針はさまざまで、保育は保育園ごとに特色がある
・保育料は認可保育園であれば公立と変わらない(教材費などが別途かかることはある)
・一般的に公立よりも延長保育などの制度(サービス)が充実している
・保育士さんの勤続年数は公立と比べると短い
・保育士さんの勤続年数は短く、若い保育士さんが多い傾向

(http://www.oyaiku.net/nursery/youchien_hoikuen/youchien_hoikuen3.html)

全国の幼稚園・保育園のデータ

全国の幼稚園・保育園のデータ

昨今では待機児童問題について叫ばれていますが、実際現状はどのような状態なのでしょうか。
内閣府の「子供・若者白書(旧青少年白書)」の2016年版によると、2015年の幼稚園数は11,674、保育所数は23,533あります。
しかし、最近では出産後に働く女性が増えたため、保育所機能を持つ幼稚園型、幼稚園機能を持つ保育所型、幼稚園と保育所の双方施設を有する幼保連携型の認定こども園など多彩な施設が増えてきているようです。

みんなはどうやって選んだ?

みんなはどうやって選んだ?

先輩ママたちはどうやって保育園を選んだのか皆さんの声をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

保育園の選び方は、働くママにとっては重要。送迎は毎日なので、園の場所。稼働時間は基本中の基本。待機問題でいろいろ選べない実情はありますが、送迎は 天気の良い日だけではありません。それ以外にも、園の雰囲気・学習方法・行事、園庭の有無、保育士さんの雰囲気。このあたりは、乳児と3歳以上児では優先 する条件も変わると思います。保育園は最長六年間通園しますので、何を優先するかも長い目で考えなければいけません。あと、親の負担として、お弁当の有 無・オムツやお昼寝布団の貸与事情などもチェックするとよいでしょう。このあたりは、同じ保育料であっても、公立と私立で大きく変わります。また、大人目 線として保護者会活動の有無、親同士の仲の良さなども重要かと思います。納得した保育園に入れるよう、早めの見学などをお勧めします。
(https://cuta.jp/10459)

 

仕事を続けるつもりだったので、妊娠中から保育園をいくつも見て回りました。家から一番近くて感じも良かった園を第一希望にしていたのですが、やはり人気 があって入れず、家からちょっと離れた第二希望の園になってしまいました。通勤で使う駅と反対方向なので毎朝大変でしたが、この辺りは激戦区なので、入れ ただけでよしとしました。
(http://www.meetsmag.com/?p=2142)

 

たくさん気になることがある、保育園選びですが、やっぱり重要なのは人!!!
わたしは保育士の同僚&園長への接し方を特に重視しました。
チームワークがしっかりできていたり、お互いに尊敬しあって働いている職場は、子どもに与えてくれる環境もよいはず★
なーなーで仕事をしている保育士のいる園には預けられないもの。
(https://sns.babytown.jp/bbs/o/41)

 

我が家からは一番遠い、○○保育園に入ることができました。
送迎は車でした。
でも、幸運なことに、すばらしい保育園でした。
私立認可園です。
園長の保育の方針が一番重要なのではないかと思います。
園長がすばらしかった。
何にお金を使うか、行事の何を優先するか、やはり園長の考え方が大きく影響しますから。
先生との関係、保護者同士の関係もよかったし、おゆうぎかいが区のホールとか、卒園前に宿泊トレッキングなどのすばらしい体験をさせてもらいました。
保育園にいる時間に、いろんな習いごと(スイミング、ヨガなど)を経験させてもらえるのもありがたかったです。
保育園の施設も衛生的なこと、看護師さんの常駐、食育に力を入れているところ・・・などよかったです。
(https://sns.babytown.jp/bbs/o/41)

まとめ

いかがでしたか?
保育園選びのために1年以上も前から情報を集めているママもいるようです。
保育園に入るかまだ決めていなくても、自分の家の近くの保育園の情報は集めておいたほうがいいかもしれませんね。
また、実際に足を運んでみて雰囲気を見ることも大切です。
保育園に入れたいと考えたときに焦らないよう、妊娠中の運動として、また赤ちゃんとの散歩としても、早めに保育園まわりをしてみるのもおススメですよ。

あわせて読みたい記事はこちら!