子育ての悩み

2016.6.3

授乳中のママ必見!母乳に良い食べ物はある?

授乳中のママ必見!母乳に良い食べ物はある?

授乳をしているママは食べ物にとても気を遣いますよね。
多くの母乳育児ママが「母乳に良い食べ物はなんだろう」と疑問に思ったことがあると思います。

母乳はもともと栄養バランスがよく免疫力を高めると言われますが、可愛い我が子のために、よりよい母乳を与えたいですよね。
今回は、そんな母乳育児ママのために、母乳に良い食べ物や避けるべき食べ物をご紹介します。

授乳中のママが積極的に採るべき食べ物&飲み物は?

母乳はママの血液が主成分ですので、血液の量を増やし、血液の質を高める食べ物を摂取することが重要です。
また、母乳育児のトラブルに多い乳腺炎を予防することも大切です。
これらを満たす食べ物はこちらです。

 

Fotolia_77814587_Subscription_Monthly_M

 

・白米

母乳の主な成分である炭水化物とタンパク質が摂れます。

・根菜

体を温める効果がありますので、血流が良くなります。
特に食物繊維の豊富なごぼうやれんこんは母乳の質も上げてくれます。

・青菜

ほうれん草、小松菜、春菊などは血液をサラサラに保ち、乳質をよくします。

・海藻類

免疫力をアップさせる鉄分やミネラルが豊富です。
そして低カロリーですので、意識して摂るようにしましょう。

・質の良いタンパク質

特に、脂質の少ないカレイやたらなどの白身魚がオススメです。
お肉を食べる場合は、脂質の少ないささみや赤身を選ぶようにしましょう。

・温かい飲み物

胃を温かくすると母乳の出が良くなります。
特にゴボウ茶やハーブティーなどは血行を良くしてくれて、乳腺炎の予防に効果的です。

 

また、水分摂取も必要で、食事で摂る水分以外に、一日3リットル、夏場なら5リットルの水を飲むよう心がけましょう。
麦茶、ほうじ茶、番茶、ルイボスティーなど、カフェインが多過ぎないお茶などで摂ってください。

 

母乳がよく出るハーブティーも売られているので試してみても良いでしょう。

 

▼関連記事はこちらから

理想通りでなくていい!赤ちゃんのミルクに悩む人におススメの本をご紹介☆

 

授乳中のママが避けるべき食べ物&飲み物とその理由

授乳中のママが避けるべき食べ物&飲み物とその理由

血中のコレステロールが高まると、血液とともに母乳もドロドロになってしまいます。
母乳に粘り気が出ると流れが悪くなり、乳腺が詰まって乳腺炎になってしまいますので、以下の食べ物は出来るだけ避けましょう。

 

・餅

乳腺が詰まる場合があるので、控えた方が良いでしょう。
しかし、母乳の出が悪い人は、餅は出を良くするお手伝いをするので食べても大丈夫です。

・揚げ物や脂身などの脂っぽいもの

カロリーが高いので、母乳は良く出てくるのですが、これも母乳の詰まる原因になることがあります。

・スイーツ

特にケーキ、アイスクリームなどの洋菓子は乳腺炎の原因となります。
甘い物が食べたい場合は、和菓子がオススメです。

・パン類(小麦)

母乳がドロドロになる原因でもあります。

また、これらのものは、母乳の味が悪くなります。
赤ちゃんも母乳の味の変化は分かりますので、味が悪くなってしまうと母乳を飲まなくなってしまいますので、気をつけましょう。

先輩ママは授乳中の食事でどんな工夫をした?

先輩ママは授乳中の食事でどんな工夫をした?

・一汁三菜の和食中心の食事

和食はさまざまな食材を使ってバランスよく作られていますので栄養満点です。
なかでも、あっさりした脂肪分の少ない野菜中心の和食は、母乳の質を高めるには最適の食事です。

 

・アレルギー対応のお菓子を食べる

おっぱいをつまらせる牛乳や卵が入っていないので、母乳にもおすすめです。

 

・体を冷やさない

血行が悪くならないように冷たい飲み物や食べ物は避けましょう。
母乳だけでなく、体が冷えると女性ホルモンの分泌異常、肩こり、腰痛など体にさまざまな影響を及ぼします。

まとめ

まとめ

いかがでしたか?

長い育児の中で赤ちゃんが急激に成長する最初の時期ですので、バランスのいい食事で、栄養満点の母乳を赤ちゃんに与えてあげましょう。

あわせて読みたい記事はこちら!