子育ての悩み

2016.2.9

片付けが2倍楽になる!子どものおもちゃ収納術

片付けが2倍楽になる!子どものおもちゃ収納術

すっきりキレイな部屋を目指したいのに、子どものおもちゃが邪魔でうまくいかない……。
ママにとって、子どものおもちゃとの戦いは果てのないものです。
クリスマスや誕生日、子どもの日など、
ことあるごとに増えていくおもちゃをどのように整理すれば良いのか、ポイントをご紹介します。

【見せる収納】

【見せる収納】

絵本やぬいぐるみ、大量のミニカーなど、
かわいいおもちゃは思い切って見せる収納にしてしまうというのも良いでしょう

 

≪絵本≫

マガジンラックのように、絵本の表紙が見えるように収納すればインテリアがわりになります。
絵本の表紙はかわいいものが多いので、背表紙を向けてしまうのはもったいないですよ!

イラストを活かした部屋づくりをしてみてください。

 

81EiZe9+iTL__SL1500_

出典:amazon

 

≪ぬいぐるみ≫

棚の上に飾ったり、小さな箱にいれて並べたりするのも良いですが、
思い切って壁に吊るしてしまうのもオススメです!

透明なビニール袋に入れて吊るしておけば、おもちゃ屋さんのディスプレイのようになりますよ♪
ぬいぐるみをそのまま置いてしまうと、ホコリで汚れてしまうこともあります。

普段はビニールに入れておけば、遊ぶ時以外は汚れません。可愛いだけではなく、実用性も兼ねた収納方法と言えるでしょう。

 

02eb4c23-s

出典:http://www.yukawanet.com/archives/3512051.html

 

≪ミニカー≫

ミニカー類や電車の模型は、ガラスケースなどにずらりと並べると壮観です。
ケースに入れずに専用の棚を作れば、子どもでも片付けをすることができます。

「綺麗に並べないと捨てちゃうよ」などの約束をして、
自分でお片付けをする習慣をつけてみましょう。

 

CA260373

出典:http://apexevolution.blog112.fc2.com/blog-entry-519.html

▼関連記事はこちらから

・子どものお片づけに便利!簡単にできる三段ボックス収納術

・子ども部屋の悩みに!ママも楽しい【夢を育む】インテリア

 

【色柄を揃えた収納】

【色柄を揃えた収納】

収納ボックスの色や形がまちまちだと、雑然とした印象になってしまいます。

ボックスの種類を揃えたり、ひとつで済むようにしましょう。

 

≪カラーボックス≫

安価で比較的しっかりとした作りのカラーボックスは、おもちゃの収納にもぴったりです。

カラーボックス用の引き出しを追加購入すれば目隠しもできますし、
棚をずらりと並べて見せる収納に使うこともできます。

無題

出典:amazon

 

また、カラーボックスを寝かせて蓋を付け、蝶番で開け閉めできるようにすれば、
簡単に子ども専用のおもちゃ箱を作ることができます。

また、最初からカラーボックスと蓋がセットになっている収納を購入する方法もあります。

 

子どもは「自分の陣地」が好きですから、自分専用の箱を作り、
「おもちゃはここにしまうんだよ」と教えてあげると、片付けの習慣を付けやすくなります。

 

≪おもちゃ戸棚≫

子ども部屋に合う、ポップな色合いのルームケースや引き出しブロックも販売されています。

組み合わせて使える収納なら、将来数を増やしたい時でも安心です。

 

514pM0iBeZL__SL1068_

出典:amazon

 

同じ色でシックに揃えるのも良いですが、
色とりどりのパーツも、同じ形と材質であればまとまりが良くなります。

【ついで収納】

【ついで収納】

おもちゃのためだけに収納を購入するのではなく、

もともとある家具などにおもちゃをしまうようにすれば、家具を増やさずすっきり暮らせます

 

≪ベッド≫

71-VQZoprAL__SL1200_

出典:amazon

子どもがベッドで寝ている場合は、
ベッド下の収納を子どものおもちゃ入れにするのも良いでしょう。

おもちゃを全てベッドの下にしまえるようにすれば、
来客時にもすっきりとした部屋を実現することができます。

 

≪机≫

41z+n71m5bL

出典:amazon

子ども机は小学校入学時に購入するケースが多いですが、
子ども用のキッズデスクを取り入れている家庭もあります。

かわいい色合いのキッズデスクに付属している引き出しなどをおもちゃ入れにしておいて、
小学校に入学して文房具などをしまうようになったら入れ替えるというのも良いでしょう。

 

≪ミニキッチンなどのおもちゃ≫

img10253172071

出典:楽天

子どものおもちゃの中におもちゃをしまうという裏技です。
おもちゃセットをひとつにまとめておけば、中身を出して遊んで、
終わったらキッチンごと全て中に片付けるということができます。

まとめ

おもちゃを片付ける「定位置」を決めることで、家の中がすっきりするだけでなく、
子どもに整理整頓を教えることもできます。

「おもちゃの場所」「○○の場所」を決めて置き、
持ち物はきちんとそこに片付けるように幼いうちから教えるようにしましょう。

あわせて読みたい記事はこちら!