子育ての悩み

2016.1.29

春になる前にチェックしたい【花粉症対策】2016

春になる前にチェックしたい【花粉症対策】2016

大人にとっても子どもにとってもつらい花粉症。
この期間中はずっと鼻水で苦しむ人も多いのでは?
花粉のピーク前に、対策を確認をしましょう!
子どものための花粉症対策はどのようにすれば良いのでしょうか。

【花粉症グッズ】

鼻をかむ

毎年花粉の時期になると、数多くの花粉症グッズが街に並びます。

こうした花粉症グッズの中で、子どもにも安心で効果的に使えるものをご紹介します。

 

・マスク

大人にも子どもにも効果が高いのが、マスクです。
子どもの場合は、大人のサイズではなく子ども用のマスクを使うようにしましょう。

また、マスクを嫌がる子の場合は、好きなキャラクターのついたマスクを使うなどの工夫をしてみてください。
マスクにミントスプレーをしたり、ぬれマスクなどを使うのもお勧めです。

 

・鼻に塗るクリーム

マスクを嫌がる子でも使えるのが、鼻に塗るクリームです。

鼻の中を綿棒などできれいにしてから塗ります。
定期的に塗り直す必要がありますが、マスクの煩わしさもなく、簡単に花粉をシャットアウトすることができます。

 

・顔用スプレー

マスクやクリームよりさらに手軽なのが、顔にふきつけるスプレーです。

ふきつけるだけで花粉をブロックする効果があるため、お出かけ前の忙しい時や、外出中でも気軽に使うことができます。
他の医薬品と併用することもできるので、病院で薬を貰っているときでも使うことができます。

 

・子ども用目薬

花粉にも効果のある子ども用目薬が出ているため、目の充血や痒みの症状がある場合は使用しましょう。

目薬を怖がる子の場合は、涙と同じ成分の目薬を使うと全く沁みることもなく、花粉を洗い流すことができます。

 

・眼鏡

子ども用の花粉対策眼鏡も売られています。

ただし、眼鏡は付けたくない!という子もいるため、作る時は親子で十分に話し合うようにしてください。
また、普通の眼鏡とは見た目も違うため、からかわれたりする可能性もあります。導入は慎重に行いましょう。

【家の環境を整える】

【家の環境を整える】

子どもへの対応だけでなく、家の中に持ち込まれてしまった花粉を排除する対策も大切です。

 

・空気清浄機

空気清浄機には、花粉モードも搭載されています。
こういうものを使うことで、部屋の中をクリーンに保つことができます。

 

・掃除機

掃除をこまめに行うことも、花粉対策には有効です。
花粉の時期は、いつもよりも多めに掃除機をかけるようにしてみてください。

 

・布団乾燥機

布団を外に干してしまうと、花粉が大量に付着してしまいかねません。
それを防ぐためには、布団乾燥機がお勧めです。

手軽に敷布団と掛け布団を同時にほかほかにできる上、かなり高温になるため、気になるダニ対策もしっかり行うことができます。
乾燥器をかけた後は、掃除機で布団を掃除するようにしてください。

 

・家の中に持ち込まない

そもそも、家に花粉を持ち込まない工夫も大切です。

家に入る前に洋服や髪をはたく習慣を付けましょう。

また、洗濯物を外に干す場合も、花粉を落としてから取り込むようにしてください。

【食事】

【食事】

毎年、様々な食べ物が「花粉症に良い」とされて、メディアなどで紹介されています。
結局のところ、一体何がいいの?と思っているママも多いでしょう。
花粉症はアレルギーの一種ですから、体の免疫力が低下していると症状がひどくなります。
そのため、一番良いのは、「バランスよく健康的な食事をする」ということなんです。
「○○がいい!」という情報に踊らされずに、ビタミンやミネラルの豊富に含まれた健康的な食事を心がけましょう。
ただし、甘いものや高脂質なものは花粉症にもあまりよくありませんから、お菓子などの食べ過ぎには注意してください。

【生活】

【生活】

花粉症をひどくしないために、できるだけ子どもにも「花粉は危険」ということを教えるようにしましょう。
玄関先で衣服をはたいたり、帰った後の手洗いうがいを徹底するといったことは、子ども自身が気を付けなくてはいけないことです。
また、花粉の時期は外遊びをあまり長時間行わない、午前中だけにするなどの決まりを作ることも大切です。

あわせて読みたい記事はこちら!