子育ての悩み

2016.1.25

冬は特に注意!風邪などの感染症対策の基礎知識

冬は特に注意!風邪などの感染症対策の基礎知識

冬は寒いから風邪をひくものだと思ってはいませんか?
風邪の原因は寒さではなくウイルスです。
様々な感染症の原因ともなるウイルスから子どもを守るために、
今すぐ取り入れられる風邪と感染症対策についてご紹介します。

ウイルスを体に入れないために

ウイルスを体に入れないために

目に見えないウイルスから子どもを守るためには、まずウイルスの侵入を防ぐことが大切です。

 

【手洗い・うがい】

ウイルスはママやパパからうつることもよくあるもの。

家族みんなで帰宅後の手洗い・うがいを徹底するようにしましょう。

ウイルスは流水でしっかりと洗い流すことが効果的ですが、
まだ手洗いができない赤ちゃんの場合は、
お湯で絞ったタオルなどで手や顔をしっかり拭いてあげましょう。

うがいができない場合には、水を飲むことでウイルスを胃に流し落とすことができるため、
効果が期待できます。

 

【人混みを避けて外出する】

人混みへ出かけることで、原因となるウイルスをもらってしまう可能性があります。

感染症の流行シーズンには人混みのある場所への外出をなるべく少なくしましょう。

買い物など、どうしても外出しなければいけないときは、
なるべく人の少ない時間帯に出かけるようにしましょう。

ウイルスの活動を抑えるために

ウイルスの活動を抑えるために

 たとえウイルスが体に侵入してしまったとしても、適切な対策をとってその活動を抑えましょう!

 

【水分補給で喉の乾燥を防ぐ】

ウイルスは乾燥した状態で活発になるため、
こまめな水分補給で喉を乾燥から防ぐことが感染症対策になります。

起床時、食後、遊んだ後や外出後、
入浴後などのタイミングで飲ませるようにしましょう。
その際、ジュースなど糖分の多い飲み物の摂りすぎには注意しましょう。
糖分の摂りすぎが免疫力低下につながる恐れがあります。

 

【加湿器などを使って湿度調整】

部屋の湿度が高いことでウイルスは活動しにくくなります。
冬の室内の湿度は50〜60%が理想的です。

それ以上になると結露を招き、不衛生になってしまいます。
加湿器がなくても、室内に洗濯物を干すだけで効果がありますよ。

《ウイルスに負けない体作りのために》

《ウイルスに負けない体作りのために》

健康な生活習慣や十分な睡眠が、子どもの体力と免疫力の向上につながります。

 

【生活リズムをキープする】

冬は何かとイベント事が多く、生活リズムが不規則になりがちです。

そんな時でも、就寝時間はなるべく一定に。
まる1日外出した翌日は、家でゆっくり過ごして疲れを残さないようにするなど、
生活リズムを調整しましょう。

 

【衣類や室温で温度調節】

「冬でも薄着が健康の秘訣!」と薄着をすすめる考え方もありますが、
あまり体が冷えると免疫力が低下してしまいます。
大人より一枚少ない程度が調度良いでしょう。

室温も、寒いからといって温めすぎると汗をかいて逆に体が冷えてしまいます。
大人が快適と思えるぐらいが子どもにとっても調度良い室温です。

感染症予防は家族みんなで協力しよう

手洗い・うがいが子どもの習慣になるように、
ママやパパが見本となることが大切です。

子どもだけにやらせるのではなく、
「一緒に洗おう」と誘ってみても良いでしょう☆
家族同士でウイルスをうつし合わないためにも、
家族みんなで協力して対策していきましょう!

あわせて読みたい記事はこちら!