トレンド・イベント

2016.1.20

2人目が生まれたら考えたい【上の子の赤ちゃん返り】への対処法

2人目が生まれたら考えたい【上の子の赤ちゃん返り】への対処法

ママにとっては、1人目の子も、2人目の子も同じように「かわいい我が子」です。

でも、同じようにかわいくても、生まれたばかりの赤ちゃんと、
ある程度大きくなった長男・長女では、やはり、かかる手間は違います。

その上、もう手がかからなくなってきたとばかり思っていた長子までぐずり始めてしまったら……と
不安に思うパパ&ママもいるのではないでしょうか?

2人目の出産後に起こる長子の「赤ちゃん返り」、一体どうすればよいのでしょうか。

【赤ちゃん返りの状態】

【赤ちゃん返りの状態】

赤ちゃん返りとは、主に次のような状態をいいます。

 

赤ちゃんに対する攻撃性

ぶったりつねったりという直接的なもの以外に、悪口を言ったり可愛がらなかったりということもあります。

 

ママへの要求

「抱っこして」「○○して」と、ママに過度な要求をしてきます。

もうひとりでご飯が食べられるにも関わらず、「食べさせて」と愚図られるとイライラしてしまうというママも多いでしょう。

 

癇癪

突然怒りだす、泣き出すといった癇癪を起す場合もあります。

 

ワガママ

今までは言わなかったようなワガママを言い出したり、

赤ちゃんの真似をして「自分もおっぱい飲む」などとごねる場合もあります。

 

▼関連記事はこちらから

先輩ママお墨付き!赤ちゃんの夜泣き解消の最新対処術

・一人っ子、第一子の体力は!?出生順・兄弟別【体力偏差値】

【赤ちゃん返りが起こる理由】

赤ちゃん

妊娠した後のママは、これまでのように子どもを抱き上げたり、一緒に体を動かして遊んだりがしづらくなります。

その後、出産でママが入院してしまうと、子どもは強い喪失感を覚えます。

その上、やっと帰ってきたと思っても、ママは赤ちゃんのおっぱいやおむつ替えのお世話で精一杯。

すると、子どもは「全然構ってもらえない……」と不満を抱いてしまうのです。

幼稚園生くらいまでの子どもは、まだまだママの愛情を一番に受けていたい年頃です。

「赤ちゃんには手がかかるから仕方ない」といった分別はつけられません。

そのせいで、自分のことを見てもらおうとして赤ちゃん返りが起こるのです。

【シーン別・赤ちゃん返りの対処法】

【シーン別・赤ちゃん返りの対処法】

≪自分もおっぱいを飲む! と言って聞かない≫

 

赤ちゃんがおっぱいを飲んでいると、「自分も飲む!」と言いだす子がいます。

「ダメ」と言っても、「なんでダメなの」と言って聞きません。

せっかく卒乳したのに、ここでまたおっぱいをあげるというのは、あまり良いことではないでしょう。

「○○はもう赤ちゃんじゃないでしょ」「もうお兄ちゃん(お姉ちゃん)なんだからダメでしょ」と断っても、子どもは機嫌が悪くなるばかりです。

 

そういう時は、「わかった。じゃあ、赤ちゃんのおっぱいが終わったらママとふたりで牛乳飲もう」などと提案してみましょう。

決して別のものを与えて放っておいたりしてはいけません。

子どもが求めているのは、「おっぱい」ではなく、「ママとのふれあい・時間」であることを理解しておきましょう。

赤ちゃんではなく、長子をきちんと見て、二人の時間を作る工夫が大切です。

 

fotolia_90826770

 

≪○○して!と言う≫

 

できることであれば、してあげても良いですが、面倒だからとやってあげてしまうというのは良くありません。

ママがイヤイヤやっているかどうかは、子どもにも伝わってしまいます。

 

例えば「ご飯食べさせて!」だったら、子どもの手を掴んで一緒に食べさせたり、

簡単なゲームを提案するなど、長子ときちんと関わるようにしましょう。

その間、赤ちゃんはベビーベッドに寝かせておくか、パパに見てもらうようにして、片手間にならないようにしてください。

 

泣く

 

≪赤ちゃんをいじめる≫

 

赤ちゃんをいじめるという行為は、時には危険も伴うため、絶対にやめさせる必要があります。

物理的に叩いたりする場合は、どうして叩くのか、叩いたら赤ちゃんも痛い、ということを教えてたしなめましょう。

 

赤ちゃんを可愛がれない子の場合は、一緒に赤ちゃんの面倒を見るなど、

「ママと一緒に」赤ちゃんと接する機会を持てるようにしてみてください。

その後は、「手伝ってくれたから助かった!」「○○は頼りになるね」「さすがお兄ちゃん(お姉ちゃん)だね!」とたくさん褒めてあげてください。

 

上の子も下の子も笑顔で過ごせる毎日になるよう、心がけてみてください。

あわせて読みたい記事はこちら!