トレンド・イベント

2015.11.26

1人目は女の子の方が育てやすいというけれど、男の子の子育てが大変って本当?

1人目は女の子の方が育てやすいというけれど、男の子の子育てが大変って本当?

世間では「一姫二太郎」という言葉が浸透していて、
一般的には「女の子の方が育てやすい!」「男の子の子育ては大変!」と言われています。

特に一人目が男の子ですと、初めての子育てで不安がいっぱいのママ達は、身構えてしまうこともあるそうです。

今回は、男の子の子育てが本当に大変かどうかについて考えてみたいと思います。

●男の子は身体が弱い?

Fotolia_93679239_Subscription_Monthly_M

 

一般的に「女性の方が男性よりも丈夫」だといわれており、
乳幼児期の子どもも「男の子のほうが病気をしやすい」と言われています。
実際に厚生労働省による調査では、女の子よりも男の子の出産時の死亡リスクが高い傾向にあるそうです。
これは、男の子は女の子より胎児期にお腹の中で大きくなる傾向があり、出産時に母体の負担やトラブルの原因となることが多いためと言われています。
しかし、現代の医療は発達し、その差は縮まっているのが現状です。

また、男の子は出生時の肺の機能の成熟が女の子と比べて平均的に遅れがちなことも身体の弱さにつながっていると考えられています。

 

▼関連記事はこちらから

・【女の子と男の子】育児での違いは?

・一人っ子、第一子の体力は!?出生順・兄弟別【体力偏差値】

●男の子は発達が遅い?

Fotolia_94243342_Subscription_Monthly_M

 

「男の子は身体が弱い」というイメージからか、「男の子は発達も遅い」という言葉も聞くことがあるでしょう。しかし、指さし動作をしたり言葉を発したりするのは、全体的に見るとほとんど差はなく、これは性別よりもどれだけ沢山の言葉を触れたかによる、環境の影響が大きいとされています。

 

また、運動能力に関しても、科学的な点で男女の発達差は認められていないようです。

 

●男の子の子育ては体力が必要?

Fotolia_93652647_Subscription_Monthly_M

 

幼稚園に入る年頃になると、男の子のほうが活発になることが多いようです。
公園で木の棒を使って遊んだり家でもどこでも戦いごっこが始まったり、夜にはお母さんの方がへとへとになることも。

子ども自身がケガをしてしまったり、お友達にケガをさせてしまったりすることもあるので、毎日ヒヤヒヤしてしまうという声もあるようです。

 

●結局は大差ない!?性差よりも個性や環境が左右する

Fotolia_71929062_Subscription_Monthly_M

 

上記の通り、多少男の子のほうが女の子よりも体の弱さにつながる点や活発な点から子育てが大変とされていますが、一概にそうとは言い切れません。

 

例えば、男の子か女の子か、一人目か二人目かで周囲からの働きかけが異なったり、親自身も一人目の子育てよりも経験のある二人目の方が子育てに慣れているので、一人目よりも早く外で遊ばせることで子どもの免疫がついたり等、性差を超える個性や環境要因は多く存在するのです。

 

●まとめ

●まとめ

いかがでしたか?
世間ではまだまだ「女の子の方が育てやすい」というイメージがありますが、一番の影響は個性と環境です。

これから男の子の子育てが待っていて不安だというお母さんも、あまり身構えせず、わが子の個性を楽しんでくださいね♪

あわせて読みたい記事はこちら!