トレンド・イベント

2015.11.24

【要チェック】インフルエンザの予防接種と予防接種以外の対策

【要チェック】インフルエンザの予防接種と予防接種以外の対策

インフルエンザは大人だけでなくて子どももかかり、特に小さい子どもは抵抗力が少ないこともあり、大人以上に発症しやすくなるだけでなく重症となります。
そもそもインフルエンザは普通の風邪とは違い、高熱が出やすく、一般的な風邪の症状にプラスして様々な症状が出ることもあります。それに肺炎のような合併症にも悩まされかねません。


何よりの特徴は流行性だということでしょう。
風邪は1年中かかりやすいですが、インフルエンザには季節ごとに大きな偏りがあります。
(※流行している時期以外も患者数は減りますが、インフルエンザの発症者はいます。)

子どもがインフルエンザになって熱が出たからと言って解熱剤を用いると、インフルエンザ脳症になる危険性もあるので、早急に病院へいかないと、取り返しのつかないことにもなりかねないので、とても怖いものです。

インフルエンザは子どもにとってもとても怖い存在!

インフルエンザそのものを予防するには、やはり予防接種となるでしょう。

 

fotolia_71798805

 

このワクチンですが、感染はしますが発症はさせないようにするものです。
予防接種を受けることのメリットも計り知れないのですが、実はデメリットもあるとされています。
副作用が起こることもありますが、大抵のケースでは軽度ですぐにおさまるでしょう。
ただかなり重い副作用が出ることもあるので子育てをする親も注意が必要です。

 

子育てをするなら知っておくべき!注射以外のインフルエンザの予防法

インフルエンザを予防接種以外で予防する方法はいくつかあります。
子育て中の親は特に予防法を知るべきで、その方法を実践しましょう。

 

fotolia_96061081
まずは食事に気を配るということで、ビタミンDが含まれている魚を食べることも大切です。
さらに納豆やオクラ、なめこなどに含まれているムチンもインフルエンザや風邪予防になるでしょう。
子育てをする中で当然食事も作るでしょうから、予防のためになりそうな食材を作りましょう。

さらには部屋の湿度管理が重要で40%以上を心がけましょう

そして基本的なことですが、手洗いやうがいは必要不可欠で、流行している時期にはマスクを着用して外出するとリスクを抑えられるはずです。

 

小さな子どもを子育て中の場合は、特に気を付けるようにしてください。

 

あわせて読みたい記事はこちら!