〇〇から学ぶ子育て

2016.11.4

にわか厳禁!子どもが本当に使いこなせる英語教育法

にわか厳禁!子どもが本当に使いこなせる英語教育法

皆さんは英語がどれくらい話せますか?
英語が話せるママパパも、そうでないママパパも、子どもが大きくなったときに困らないよう、また、スポーツやビジネスの世界でより一層活躍できるよう、子どもが英語を話せるようになってほしいと考えている方はとても多いと思います。
現に、英会話教室は、子どもの習い事としてもとても人気があります。
子どもが英語をきちんと話せるようになるには、幼少期の教育がとても大切です。
今回は、子どもが使いこなせるような英語を習得できるような教育法をご紹介します。

英語教育はいつから始める?

英語教育はいつから始める?

現在の親たち世代では、中学生もしくは小学生から英語を学んできた人が多いと思います。
にも関わらず、ずっと日本で育ってきた人は、英語で日常会話をそつなくこなせる人が多くはいません。
これはなぜなのでしょうか。
それは、英語を授業以外で使う場面が少ないことも挙げられますが、英語教育は幼少期の教育が大切なためです。
具体的には、英語を聞き取る力である「英語耳」というのは、0歳~2歳で鍛えることが大切です。
というのも、0歳から2歳はどんな音でも吸収する力がありますので、日本語とは異なる英語耳を身につけることができるのです。
2歳を超えてしまうと、この力が失われていくので、英語のリスニング力を鍛えるためには、0歳~2歳から始めるのが適しています。

自宅での勉強方法とは?

自宅での勉強方法とは?

大手企業や個人の英語教室もたくさんありますが、そこそこ費用がかかりますよね。
英語教育は自宅でもできますので、以下の勉強方法をぜひ参考にしてみてください。

●英語の歌で英語耳に
0〜1歳くらいは脳の成長が急速で、聞いた英語を素早く吸収します。
そのため、本格的な英語教育というよりも、日本語にはない「L」と「R」の音を聞き分けることができるようになるなどの英語耳にするために、英語の音に触れさせるようにします。
赤ちゃんが楽しめるように、英語の歌をうたってあげたり、YouTubeで英語の曲や英語の動画を流してあげたりすることで、英語の音に触れさせてあげましょう。

●英語の絵本やダンスで英語を楽しく
2~3歳頃になると、少しずつ言葉の意味を理解したり、身体を動かせるようになったりしてきます。
英語の絵本を読んであげたり、英語の歌を歌いながら一緒にダンスをしたりすることで、”英語は楽しい”と思ってもらえるようにすることが大切です。

●英語学習のためのweb教材を使う
こういった教材もあります。

・Starfall
http://www.starfall.com

英語に特化したサイトで、もともとの対象は幼稚園から小学校低学年くらいだそうです。内容はフォニックスが中心で、聞いた音をもとに、選択肢からアルファベットを選んで単語をつくるといった、軽いゲーム感覚のものが多くあります。

・Reading Bear

http://www.readingbear.org

このReading Bearは特にフォニックスの内容が充実しています。このサイトの良いところは、動画の中でネイティブが発音しているときの口の動かし方を見られることです。

サイト全体をパッと見た感じは、構成がちょっと分かりづらいのですが、トップページの右上にあるGetting Startedを最初に見ると、どのように活用すれば良いのかよくわかります。

(参考:http://primaryplus1.com/english-site-for-kids)

まとめ

いかがでしたか?
英語を習得するために、英会話教室やプリスクールに通わせるという方法もありますが、できるだけ費用をかけたくないという気持ちもありますよね。
乳幼児期の英語教育は、難しい文法を学ばせるということよりも、「英語は楽しい」と思ってもらうことや英語耳にしてあげることが重要ですので、ぜひ子どもとのコミュニケーションを深めるためにも自宅で学習してみてはいかがでしょうか。
また、継続的に英語に触れ続けることが大切ですので、できるときに何時間も触れさせるというよりは、毎日1時間ほどでいいので、子どもが英語に触れられるようにしましょう。

あわせて読みたい記事はこちら!