トレンド・イベント

2016.11.8

子どもが描いた絵がグッズに!思い出が形になる驚きのサービスとは?

子どもが描いた絵がグッズに!思い出が形になる驚きのサービスとは?

寝ているだけの赤ちゃんだった我が子が、初めてお絵かきをしたときのことを覚えていますか?
初めてのお絵かきだけでなく、誕生日や母の日、父の日などに子どもが描いてくれた似顔絵に感動して、その絵を何年経っても保存したり飾ったりしているご家庭は多いと思います。
そんな我が子が描いてくれた大切な絵を、オリジナルグッズに変身させてくれるサービスがあるというのをご存知でしょうか?
今回は、大切な思い出をいつでも持ち歩けるよう、またいつまでも保管できるよう、子どもが描いた絵を実用性の高いアイテムに変身させるサービスについてご紹介します。

子どもの絵どうやって保管してる?

子どもの絵どうやって保管してる?

我が子の初めてのお絵かきやちょっとした落書き、父の日、母の日などに描いてくれた似顔絵というのは、親としてはとても感慨深いものがありますよね。
皆さんは、これらの絵をどうやって保管していますか?
棚の上に飾っている方もいれば、持ち歩いている方、箱にしまって大切に保管している方など様々だと思います。
しかし、これらのような保管の仕方だと、汚れやすかったり傷がつきやすかったりしますよね。
せっかくの宝物に汚れや傷がつくのは、誰だって嫌なもの。
また、我が子が描いてくれた絵は、親としてはどんなデザインのものよりも可愛くて愛情深く、世界でたった一つのかけがえのないデザインでもありますよね。
そんなデザインを実用性のあるアイテムに変身させてみるのはいかがですか?

描いた絵をグッズにしてくれるサービスとは?

描いた絵をグッズにしてくれるサービスとは?

子どもが描いた絵をハンドタオルやスマホケース、ぬいぐるみなどにデザインしてくれるサービスをご紹介します。
我が子が描いてくれた大切な絵をグッズにすることは、親が嬉しいだけでなく、子どもにとっても自分の絵がグッズになるということはとっても大きな刺激になります。
これを機にさらにお絵かきが好きになるかもしれませんし、物を作ることに興味を持ち始める子どももいるかもしれません。
子どもの創造力や興味を限りなく伸ばしてあげるためにも、ぜひ作ってみてはいかがでしょうか。
親子でお揃いのアイテムを身につけたり使ったりするのも、親子の絆が深まりそうですね♪

●aromy
http://aromy.jp/

幼稚園や保育園で描いた絵や、ノートや自由帳にしたお絵かき、壁やテーブルに描いてしまった落書きなど、その時にしか描けない子どもの絵を保存用や記念としてオリジナルグッズにすることができます。
作り方は、幼稚園や保育園で描いたお絵描きを写真またはスキャンしてaromyにメールで送付すると、デザインされたお絵かきが送られてきます。
デザインが気に入れば、スマホケースなどのオリジナルグッズにできます。

●ちるちるグラフィ
http://www.chilchil.jp/about.html
子どもの描いた絵が内包しているアート性をプロのグラフィックデザイナーが引き出し、著名な画家の絵にも匹敵するようなオリジナルのアート作品にするサービス。
子どもの原画を極力活かすタイプと原画の中で印象画や抽象画的な要素を抽出し、それを強調することで著名な画家の絵に匹敵するようなアート作品に加工するタイプと2つあります。

●マイプリティーモンスターズ
http://www.myprettymonsters.jp/
子どもの描いた絵をアメリカのクリエーターがぬいぐるみアートにしてお届けするサービス。
クリエーターはアメリカのママたちで、自分たちが母親だからこそできる「子ども達への優しいこだわり」を大切に、プリモンを作っています。
キャンバス生地(100%コットン)、羊毛フェルト(100%ウール)、マイクロブラッシュ、フリース生地などできるだけ天然に近い素材を使用しています。

まとめ

いかがでしたか?
子どもが描いてくれた絵やメッセージというのは、子どもにとってはたいしたことでなくても、親にとっては一生の宝物になりますよね。
そして、仕事終わりや辛いときに見たら、疲れが吹っ飛んでしまう魔法のような効力もありますよね。
紙で保管していると汚れたりしわくちゃになったりしてしまいますので、特に思い出深い絵だけでも、ぜひいつでも持ち歩けるようグッズにしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい記事はこちら!