トレンド・イベント

2016.9.15

子育てママの強い味方!「赤ちゃんの駅」ってどんなところ?

皆さん、「赤ちゃんの駅」というのをご存知ですか?
「駅の名前?」それとも、「赤ちゃんがいっぱいいる駅?」
なんだか想像出来るようで出来ないですよね。
「赤ちゃんの駅」というのは、誰でも自由におむつ替えや授乳ができるスペースの愛称なんですよ。
子育てママにとっては、外出時のおむつ替えや授乳場所というのはとても大きな問題ですよね。
今回は、そんな子育てママの強い味方、「赤ちゃんの駅」についてご紹介します。

◆赤ちゃんの駅ってナニ?

◆赤ちゃんの駅ってナニ?

「赤ちゃんの駅」は、子育て支援事業の一環として、区立保育園・児童館などの施設を「赤ちゃんの駅」として指定することで、外出中の親子がオムツ替えや授乳のために気軽に利用できるようにする取り組みです。

その発祥の地である東京都板橋区では、オムツ替えと授乳のための場としてだけではなく、全100以上の施設に資格を持った専門職員を配置しているそう。そこでは、ちょっとした育児不安や悩みも相談出来るそうです。なんとも、心強いですね!
また、その他の自治体では、地域で開催されるイベント会場に移動式赤ちゃんの駅を設置出来るよう、オムツ交換用ベッドやテントを貸し出しているところもあるようです

赤ちゃんの駅はどこにある?

赤ちゃんの駅はどこにある?

赤ちゃんの駅は全国たくさんの施設にあります。
ここには載せきれないほどありますが、インターネットの検索エンジンで「○○市 赤ちゃんの駅」と検索すると、各市や町など各自治体のHPに設置場所が掲載されています。
また、無料アプリ「赤ちゃんの駅」をインストールすると、外出先での「赤ちゃんの駅」登録施設が地図検索できるようになりとても便利です。
子育てママは、一度自分がよくお出かけする施設やその近くの施設に、赤ちゃんの駅がないか確認してみてはいかがでしょうか。

利用者の声

利用者の声

「まだ生まれて数ヶ月の息子を連れて、家族で秩父へ観光に行きました。慣れない旅行先で『おむつ替えどうしよう?』と困っていたところ、西武秩父駅前に貼られている赤ちゃんの駅のステッカーを見つけました。そして、秩父観光情報館のなかでオムツ替えをさせてもらえました。小上がりになっている一室に、おもちゃやおしりふきがあり、利用者への配慮を感じるスペースでした」

「初めて赤ちゃんの駅を使ってみた!うちの近くは、児童館の中にあるので、オモチャがたくさんあって、小さい子もたくさんいた。とっても使いやすかった」

「山口では赤ちゃんの駅って言うけど、香川ではこどもの駅っていうみたい。たくさんあるから、割と便利」

◆まとめ

いかがでしたか?
このような施設があるというのを知らなかったママも意外と多いのではないでしょうか?
オムツ替えや授乳場所があると、ママの気持ちに余裕ができますし、お出かけの範囲も広がりそうですよね。
ぜひ、お出かけの際には、利用してみてくださいね。

あわせて読みたい記事はこちら!