トレンド・イベント

2016.7.15

暑すぎる夏をスッキリ解消☆妊婦さんのための夏対策グッズ

暑すぎる夏をスッキリ解消☆妊婦さんのための夏対策グッズ

日本の夏は気温も湿度も高く、灼熱の太陽とジメジメした空気で何かと暮らしづらいですよね。

ただでさえ、体調や体質の変化が起こりやすい妊娠中ですから、体力を奪われるほどの暑さに対して、体がなかなか適応できないこともあるでしょう。

通常に比べて体調が大きく変化している妊婦さんは、赤ちゃんのためにも、これまで以上に熱中症対策をする必要があります。

今回は、夏場の暑さを乗り切るためのグッズをご紹介します。

妊娠中の気温の変化、何に注意が必要?

妊娠中の気温の変化、何に注意が必要?

妊娠中は、妊娠していないときに比べて、体温が高くなります。

そのため、少し歩いただけでも汗をたくさんかきます。

特に夏の暑さは、体温の上昇酸欠めまい脱水症状を引き起こします。

体温が上昇して酸欠になると、お腹の赤ちゃんにも酸素が行きわたらなくなり、酸欠になる可能性がありますし、脱水症状になると、新鮮な血液が胎盤に行きにくくなります。

また、めまいや立ちくらみで急に倒れてしまったら、お腹をかばうことが出来ず、ママにもお腹の赤ちゃんにもダメージを受ける危険性があります。

ですので、意識して、体温が上がり過ぎないよう冷却グッズを使ったり、水分、塩分などの補給をしたりすることが大切です。

エアコンの効果的な使い方は?

Fotolia_104115428_Subscription_Monthly_M

エアコンの設定温度を下げ過ぎると、身体が冷えすぎてしまうだけでなく電気代も増えてしまいます。効果的な使い方を知ることで、電気代を節約することも可能です。

エアコンの設定温度を上げて、なおかつサーキュレーターや扇風機を併用してみましょう。

扇風機を設置する場所は、エアコンの下が効果的です。エアコンの下は、冷たい風が溜まりやすいので、扇風機を上向きに向けておくことで、風の流れが変わります。それによって、体感気温を下げることができるのです。

また、西日が入りやすい部屋は、太陽の光の暑さで、余計に部屋の中が熱くなりやすいものです。西日が入る窓は、厚手のカーテンを使用したり、すだれを垂らすなどして、光をシャットダウンしてください。

暑さを乗り切るのにおススメのグッズ

妊婦さんにぜひ使って欲しい、暑さを乗り切るおススメグッズをご紹介します。

 

・瞬間冷却剤

4907884341150

出典:楽天

叩けばすぐに冷えてくれる瞬間冷却剤。

保冷時間は使用状況により異なりますが、室温25度で約30分が目安です。

急にめまいがしたときや倒れそうになったときにすぐ使える便利アイテムです。

 

・熱中症モニター

41fzmYDe0XL

出典:Amazon

熱中症で救急搬送されているニュースなどを見て、「事前に防げなかったのかな?」と思ったことはありませんか?

それほど、熱中症は突然襲ってきたり、気づいたときにはすでに熱中症になっていたりするものなんです。

妊婦さんはお腹が大きければ病院に運ばれたときにそれ相応の対処をしてもらえますが、お腹が出ていなければもしかしたら妊婦さんだと伝わらないかもしれません。

そういったことが起こらないようにするためにも、自分の身は自分で守る必要があります。

自分では大丈夫だと思っていても手遅れになってしまうこともありますので、そうならないためにも、熱中症指数により危険を知らせてくれる熱中症モニターがあると便利です。

 

・クールコアタオル

91CWiOHlv+L._SL1500_

出典:Amazon

水に濡らして、絞って振れば何度でも冷たくなります。

更に、紫外線遮断率98%、紫外線保護指数(UPF)50+でタオルなのにUVカット。

首に巻くだけでお肌を保護することが出来ます。

 

・携帯型扇風機

61hN6AkLB2L._SL1500_ - コピー

出典:Amazon

首もとから顔にかけてピンポイント送風できるモバイル型送風機。

風量を確保しながら「薄さ」と「軽さ」にこだわった設計ですので、外出時にも使用できます。

エアコンや冷たいものを直接体につけるのが苦手という方におススメです。

 

・まろやか干し梅

41VF9jmkd5L

出典:Amazon

熱中症対策には、塩分が欠かせません。

種を抜いてあるのでそのまま食べられますし、1個ずつ袋に入っているので衛生的で持ち運びにも便利です。

まとめ

いかがでしたか?

熱中症は、ママにとっても赤ちゃんにとっても怖い病気です。

また、気づかないうちになっていることもあるのが、熱中症の怖いところです。

妊婦さんの夏は大変といいますが、これを乗り切れたら待望の赤ちゃんと会えますので、頑張って乗り切りましょう!

あわせて読みたい記事はこちら!