トレンド・イベント

2016.6.28

【凄い!!】めっちゃ万能☆カレンデュラオイルでぷるっぷるの美肌に☆

【凄い!!】めっちゃ万能☆カレンデュラオイルでぷるっぷるの美肌に☆

皆さん、カレンデュラオイルというのを知っていますか?

日本でカレンデュラのことをキンセンカといい、海外では、ポットマリーゴールドやマリーバッドとも呼ばれています。花由来の高機能で万能な点から、最近ママたちの間で注目のオイルです。ママはもちろん赤ちゃんの肌にも使えるんですよ。

今回は、この万能オイルについてご紹介します。

カレンデュラオイルってなに?

カレンデュラオイルってなに?

カレンデュラオイルとは、カレンデュラの花(キク科)をオリーブオイルやサンフラワーオイルなどの抽出油に漬け込み、油溶性成分を取り出したもののことをいいます。

 

皮膚のガードマン」とも呼ばれることのあるカレンデュラは、傷ついた皮膚や粘膜血管を修復し保護してくれます。

 

また、カレンデュラの花にはβカロテンが含まれていて、活性酸素や過酸化脂質を除去し、細胞を活性化する作用があります。

 

そのため、どんな肌の人も使えるのですが、特に肌が敏感な赤ちゃんやお腹が大きくなって皮膚が伸びた妊婦さんや産後のママにぴったりのオイルなんです。

お悩み中のママは、今すぐ注目!

お悩み中のママは、今すぐ注目!

・肌トラブル~汚肌、ニキビ、乾燥~

乾燥肌やニキビ肌、荒れてしまった肌など、肌のトラブルって絶えないですよね。

化粧水の使用後に顔の乾燥などが気になる部分に塗布すると、治りが早くなるようです。

 

・アンチエイジング~マイナス10歳も夢じゃない?~

サポニン、ビタミンA、βカロテンといった栄養成分が多く含まれているので、健康や美容の維持に貢献してくれます。

 

・ボディケア~夏でも冷房でカサカサが気になる!~

お顔だけでなく、ボディにも使えます。

乾燥したボディに塗れば、カサカサ肌がしっとり肌に♪

 

・産前産後に~気になるデリケートゾーンもバッチリケア~

妊娠線の対策や、会陰切開や会陰裂傷の防止のためのマッサージ、出産後の会陰切開部痛などにも使えます。

また、妊娠中や産後は、痔がおこりやすくなります。

放っておくと悪化してしまいますので、入浴後などにカレンデュラオイルで滑りをよくしておきましょう。

 

・肌が敏感な赤ちゃんや子どもに~安心して使えるのはうれしい!~

湿疹やおむつかぶれ、アトピーなど子どもの肌にもなにかとトラブルって起こりますよね。

子どもには、出来るだけ刺激の強くないものを使いたいというママにおススメです。

カレンデュラオイル愛用者の声をご紹介☆

カレンデュラオイル愛用者の声をご紹介☆

「最近カレンデュラにハマり中!クリームやリップなどもあって、どれもこれもいい感じよ☆肌の相性もあるかもしれないけど、私にはバッチリ合ってるみたい☆花粉症でできた皮膚炎もすぐに治ったのは気のせいじゃないはず」

 

「カレンデュラオイルが良すぎてびっくり。季節の変わり目は、いつもお肌がピリピリして吹き出物もでるんだけど、そんな症状からかぶれまで、一発で治っちゃった☆超万能過ぎて、手放せないよ~。ただ香りがかなり独特で、臭います」

 

「自分でもびっくりなんだけど、カレンデュラオイルをすり込んだら、妊娠線がほぼきれいに消える。なんで~?びっくり~」

 

「アトピー持ちの人や期乾燥性敏感肌に悩んでいる方は、一度カレンデュラオイルを使ってみるといいかも☆それから、夏場は虫さされ痕に塗りこんだら、治りが早くなった気がする」

 

「これ本当いい。妊娠線予防と会陰マッサージ用に購入しました!他にも使えないかなと思って、お風呂でかかとの角質除去した後に塗ってたら、皮膚が柔らかくなってつるつるになったよ。
オイル自体はちょっと強い匂いがするけど、もうこれは手放せない」

まとめ

いかがでしたか?

どんな肌トラブルでも使えるオイルがあるなんて嬉しいですよね。

「赤ちゃんや子どもに、どんなオイルを使えばいいかわからない」という方は、ママと一緒にカレンデュラオイルを使ってみてはいかがでしょうか。

最近では、手作りする人も増えていますので、一度購入して気に入れば、自宅で安く大量に作るのもいいかもしれませんね!

あわせて読みたい記事はこちら!