トレンド・イベント

2016.2.15

お出かけの定番☆子どもに人気の自転車ランキング

お出かけの定番☆子どもに人気の自転車ランキング

子どもの頃、何度も転びながら練習して乗れるようになった自転車。
やっと乗れるようになったときの達成感はかけがえのないものだと思います!
最初に乗る自転車はどんなものが良いのでしょうか?
子ども用自転車は、お洒落さだけでなく、安全面や乗りやすさにも気を配って選ぶ必要がありますよね。
今回は、子ども向け自転車の選び方や人気商品についてご紹介します。

自転車に乗り始める年齢&選び方はどうする?

【子どもの自転車は何歳から?】

3歳頃から自転車に乗る子が多くなってきます。
小学校に入る前までには、補助輪なしで自転車に乗れるように練習しておくと良いでしょう。

 

子ども

 

【子どもの自転車の選び方】

子どもの自転車は、通販などで適当に選んでしまわず、必ず実際に試乗させて選ぶようにしましょう。
つま先が地面に着く高さのものを選び、転倒の危険を軽減させましょう。
自転車のサイズは、かなり細かく設定されています。
サドルである程度調整できますが、何度かは買い替えるものだという認識を持っておくようにしましょう。
無理に大きな自転車に乗せることは、子どもの安全のためには良くないことなのです。

 

【おさがりはOK?】

自転車は、おさがりでもサイズが合っていれば特に問題はありません。
ただし、古くて自転車に問題が起こっている場合はNGです。メンテナンスはきちんとするようにしましょう。

 

▼関連記事はこちらから

・子ども服を買うなら見逃せない!人気ブランドを徹底比較

人気の自転車1位~2位

人気の子ども用自転車にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

1位≪ブリヂストン ハッチシリーズ≫

 

41DNhePiIML

 

 

出典:amazon

 

言わずと知れた有名自転車メーカー、ブリヂストンのキッズ用自転車です。
ナチュラルな色合いもかわいらしい自転車で、オーガニック系の洋服や自然の色合いを活かしたインテリアが好きなママにも人気です。

前にはカゴ、後ろにはキャリアが付いていて荷物も積みやすい形です。
作りがしっかりしているのはもちろん、ブレーキが楽にかけられる「子供らくらくブレーキ」も搭載されていて、安心して子どもを乗せることができます。

 

2位≪マイパラス) 子供用自転車 プリンセス≫

71LSC3Olr3L__SL1500_

 

出典:amazon

 

自転車のあちこちにディズニープリンセスがあしらわれ、ホイールにも星がちりばめられたお洒落なアイテムです。

機能としてはシンプルな自転車ですが、サドルとハンドルの高さは調節できるので、体に合わせて乗ることができます。
デザインにこだわる女の子に人気のかわいい自転車です。

 

人気の自転車3位~4位

3位≪LOUIS GARNEAU(ルイガノ)≫

 

16_j16

出典:楽天

 

ルイガノのキッズサイクルはシンプルでかっこいいフォルムが特徴です。
男の子にも女の子にも対応できるデザインで、本格的な自転車を楽しみたいスポーティな子にもぴったりです。
ブレーキ性能も良く、軽い力で漕ぎ始められるので、小さな子でも無理なく乗ることができます。
また、重量が軽いため、子どもの力でも倒れた時に簡単に起こせる、移動させるのが楽で扱いやすい、というメリットもあります。
クッションパッドや転んだ時のためのストッパーなど、安全面に関しても様々な配慮がなされている自転車です。

 

4位≪エー・エヌ・デザインワークス≫

 

71AR4B6iWnL__SL1200_

出典:amazon

 

エー・エヌ・デザインワークスには、幼児用、子ども用など、複数のキッズサイクルラインがあります。
特にVシリーズは、しっかりとした作りと手ごろな価格のバランスが良く人気です。
ブレーキ位置の調整ができたり、ギアへの指の挟まりを防ぐためのカバーがついていたりと、子どもが安全に使える工夫がされています。
デザインもシンプルながらかわいらしく、豊富なカラーの中から選ぶことができます。

 

人気の自転車5位

5位≪ミキハウスダブルB キッズサイクル≫

 

jitensya-ousama_c-daiwa-kids024_3

出典:yahooショッピング

 

ミキハウスの「かっこいい」をコンセプトにしたブランド「ダブルB」からもキッズサイクルが出ています。
デザイン性はピカイチで、男の子でも女の子でも、かわいく、そしてかっこよく乗ることができます。

危険がないよう全体的に丸みを帯びたデザインになっており、ギアカバーもしっかりつけられています。
補助輪が音の目立ちにくい静音設計なのも嬉しいポイントでしょう。
子どものための商品を作り続けてきたミキハウスならではのお洒落なサイクルです。

あわせて読みたい記事はこちら!