トレンド・イベント

2016.2.11

ママ友にあげたい!さりげなく&ハズレなしの手土産♪

ママ友にあげたい!さりげなく&ハズレなしの手土産♪

ママ友のおうちへ遊びに行く時の手土産、悩みますよね。
特に初めての訪問だったり、それほど親しくない間柄の場合は、ある程度きちんとした手土産を持って行くべきだろうかと考えてしまうママも多いでしょう。
そんなママ友への手土産について、お勧めをご紹介します☆

こんな手土産はNG!?

こんな手土産はNG!?

≪お酒類≫

ワインやビールなど、お酒類は普通の手土産には向きません。
「ママ同士で飲み会をしよう!」という時ならば別かもしれませんが、そうではない場合は避けましょう。

 

≪賞味期限の近い焼き菓子≫

生菓子なら別ですが、フィナンシェやクッキーの場合、賞味期限はある程度長いのが普通です。
それが短いとなると、「余り物を持ってきたの?」と思われてしまいます。

 

≪後に残る品物≫

ハンカチや生花、タオルなどはママ友への手土産にはあまり適しません。
やはり、みんなで食べたり飲んだりできる消え物がお勧めです。

 

≪子どもがいるのに大人しか食べられないもの≫

ペッパーが効き過ぎたお菓子や、わさび味のものなど、大人だけが楽しいお土産は、子どもを含めての会合には向きません。
子ども用も別に用意するか、みんなで食べられるものにしましょう。

 

≪面倒なもの≫

食べるために、器を別途用意したり、まな板に出して切り分けたりしなければならない面倒なものは、手土産には適しません。
気軽におしゃべりをしながらつまめるものを用意しましょう。

 

▼関連記事はこちらから

・パティシエの辻口博啓さんが提唱する「スイーツ育」って何?

・子ども限定!芦屋の人気パティスリー「未来製作所」の魅力とは

嬉しいのはこんな手土産☆

嬉しいのはこんな手土産☆

≪ゼリーやプリン≫

箱詰めのゼリーやプリンは、賞味期限も長く、スプーンひとつあれば食べることができます。
子どもも好む場合が多い定番のお土産です。

 

≪クッキー・チョコ類≫

気軽につまめるひと口サイズのクッキーやチョコは、ママにも子どもにも嬉しいお土産です。
大きなサイズのクッキーの場合、ぼろぼろと子どもが食べこぼして迷惑になることもあるので注意しましょう。

 

≪フルーツ≫

フルーツが嬉しいという声も多くありました。
しかし、フルーツの場合、スーパーで買うとお土産感がなく、デパートで買うとあまりにも高額な場合があるので注意も必要です。
また、フルーツをお土産にする時は、スイカなどのカットが必要なものではなく、苺やサクランボなど、そのままつまめるものを選びましょう。

市販品のお勧め5選

≪1.パステルのなめらかプリン≫

 

プリン

 

もはや定番となったなめらかプリンは、お土産にも最適です。
その場でみんなで楽しめて、小さい子にも好まれやすいおやつです。
相手がお茶菓子を用意してくれていた場合、賞味期限がそれほど長くない品物はかえって迷惑になることもあるので事前に確認しておきましょう。

 

≪2.ヨックモックのクッキー≫

 

ヨックモック

 

定番のクッキーです。
残った場合も子どものおやつにしてもらえる、好き嫌いが少ない、と、無難な手土産です。

 

≪3.文明堂のカステラ≫

 

カステラ

 

一口サイズの食べきりカステラや、カットされているタイプを選びましょう。
ただし、カステラが嫌いな人も意外と多いため、事前に好みをリサーチしておいた方が良いでしょう。

 

≪4.フランセのミルフィーユ≫

 

フランセ

 

ミルフィーユはおいしいお菓子ですが、ぼろぼろこぼれるのが難点です。
その点、フランセのミルフィーユはサイズが小さく、一口で食べられるのが魅力です。

 

≪5.TAKANOのフルーツチョコレート≫

 

チョコ

 

キャンディのような包み紙に包まれたチョコレートは、おしゃべりの間につまむのにぴったりのミニサイズです。
どこか懐かしい味わいで、大人も子どもも楽しめます。

その他、気心の知れた間柄なら、コストコやカルディなどで売られている珍しいスナック菓子や、近所の和菓子店のお団子などでも良いでしょう。
手土産は尋ねるママ友との間柄によっても大きく変わります。

あわせて読みたい記事はこちら!