トレンド・イベント

2016.1.19

Jリーガーや野球選手が先生に!?【夢先生】って知ってる?

Jリーガーや野球選手が先生に!?【夢先生】って知ってる?

サッカーや野球などのスポーツ選手は、子どものなりたい職業として今も昔も人気です。
「学校の授業も、そんな人気選手がしてくれたらいいのに……」という夢を持つ子もいるかもしれません。
そんな子どもたちの願いを叶えてくれるのが、「夢先生」です☆

【夢先生って?】

【夢先生って?】

夢先生は、「JFAこころのプロジェクト」として行われているプログラムです。

JFAというのは、公益財団法人日本サッカー協会の略称で、日本のサッカーを代表する団体です。

そのJFAが、子ども達のために学校と協力して行っているのが、

「JFAこころのプロジェクト」であり、「夢先生」の授業なんです。

【夢先生が教えてくれること】

【夢先生が教えてくれること】

JFAの公式ホームページによると、夢先生の授業を通して、子ども達に伝えられるのは次の4点です。

フェアプレー精神

夢を持つことの素晴らしさ

それに向かって努力することの大切さ

失敗や挫折に負けない心の強さ

ここ数十年の間に、子どもを取り巻く環境も大きく変わり、いじめや不登校、学級崩壊、インターネットトラブルなど、様々な問題が出てきています。

こうした問題に対し、将来の夢に向けて努力する姿勢や、協力し合う気持ちなどをスポーツを通して教えていきたいというのが「夢先生」なのです。

【夢先生の授業内容】

【夢先生の授業内容】

対象者は小学5年生となっていますが、実績としては他の学年向けの授業も行われています。

授業時間は90分で、場所は体育館と教室です。

学校のクラスに先生がやってきて授業をしてくれる通常の夢先生の他、

大学で行われて受講希望者を募る場合や、保護者も参加できる教室など様々な形で開催されています。

 

実際の授業のおおまかな流れは、次の通りです。

 

≪最初の35分≫

体育館を使って、クラスみんなでゲームを楽しみます。

協力し合うことの大切さやフェアプレー精神などを実地で学ぶ授業です。

サッカー選手が先生となることが多い夢教室ですが、

このゲームはサッカーというわけではなく、チームワークを学ぶためのものとなっています。

 

≪後半の55分≫

教室で、夢先生が今までの体験や子ども達の「夢」についてお話をしてくれる授業です。

「スポーツ選手」という大きな夢を叶えた先生たちがどのような人生を歩んできたのか、生のお話を聞ける貴重なチャンスです。

【どんな夢先生がいるの?】

【どんな夢先生がいるの?】

≪サッカー選手≫

・澤穂希先生

2011年のワールドカップで、なでしこジャパンのキャプテンとして日本を初優勝に導いた女子サッカー選手です。

日本の女子サッカーがここまで有名になったのは、この選手のおかげとも言えるでしょう。

 

・ラモス瑠偉先生

Jリーグが始まる前から長く日本でサッカー選手として活躍していた選手です。

現役時代からCMなどにも多数出演し、知名度抜群の選手でした。

現在はFC岐阜の監督を務めています。

 

≪野球選手≫

・大家友和先生

メジャーリーガーとしても活躍した経験のある現役プロ野球選手です。

セ・リーグ、メジャーリーグ、BCリーグと様々な経験をしているスポーツ選手です。

 

≪体操選手≫

・池谷幸雄先生

バルセロナオリンピックの銀メダリストです。

現在はタレントとしても活躍しているため、テレビで見たことがある子どもやママも多いのではないでしょうか。

 

≪バレーボール選手≫

・大林素子先生

バレーボールに興味がない人であっても名前を知っている、超有名選手です。

日本のバレーボール界の代表選手として活躍していました。

 

その他、多数の夢先生がJFAこころのプロジェクトHPで紹介されています。

学校がしかるべき手続きを踏んで依頼をする必要がありますが、夢先生は2015年も日本中あちこちの学校で授業を行っています。

子どもが大きな夢を抱いて楽しく毎日を過ごせるようにという夢先生の活動は、これからもたくさんの子どもたちに笑顔を与えることでしょう。

あわせて読みたい記事はこちら!