トレンド・イベント

2015.11.17

子ども部屋の悩みに!ママも楽しい【夢を育む】インテリア

子ども部屋の悩みに!ママも楽しい【夢を育む】インテリア

子ども部屋の内装を考えることは、ママの楽しみのひとつでもありますよね。
かわいくてポップな子ども部屋は、子どもの気持ちを明るくさせますし、様々な仕掛けを用意した部屋は、想像力を鍛えるのにも役立ちます。
子どもの夢をいっぱいに詰め込んだ楽しい子ども部屋づくりを目指してみましょう!

【子ども部屋づくりで気をつけたい「4つのポイント」】

main50-1024x602

 

【家具や雑貨はコンセプトで決める♪】
子ども用の家具や雑貨をお店で「かわいい!」「使いやすそう!」となんとなく買い揃えてしまうということは誰にでもありがちなことです。
しかし、そうして買い揃えた子ども用品には、なんの共通点もありません。
一つひとつはかわいくても、子ども部屋に集めてみたらいまいち……ということもあり得ます。
子ども部屋づくりをする時は、まず最初に全体のコンセプトを決めることが大切です。
色を統一させる、ポップな雰囲気、お姫様のお部屋のように、冒険家のようなお部屋に……などなど、お部屋の方向性は様々です。
子どもの好みやママの好み、パパの意見など、総合的に考えて方向性を決めていきましょう。

【時には希望を伝えてみよう】
子ども用のベッドや机などは、義両親や両親が買ってくれようとすることもあります。
しかし、「これがほしい」という明確な希望が決まっているときは、「もう買っちゃった」「これを買うつもりだから大丈夫」と、はっきり伝えることも大切です。
断り切れずにいろいろなものをもらってしまうと、結局はそれらの家具や雑貨が異物となってお部屋の統一感がなくなってしまうからです。

【年齢と共につくりかえることできる】
将来のために、子どもの頃から使いやすい学習机を設置しておこう、中学生になったら学用品やクラブ活動の道具が増えるだろうから……などと考えていると、かわいいお部屋はできません。
実用性ももちろん大切ですが、子どものうちは子どもらしい楽しいお部屋づくりをしてみてはいかがでしょうか。
あまり大がかりな家具は頻繁に買い替えるわけにはいきませんが、カーテンや寝具などは買い替えることを前提に選んでみるのも良いと思います。

【遊べる部屋づくりを☆】
子ども部屋がすでにあって、大体の物は揃っているという場合も、諦める必要はありません。
子どもは楽しむことの天才です。
カーテンを替えてみたり、壁一面に大きな模造紙を貼って落書きコーナーを作ってみたり、楽しい遊びの方法はたくさんあります。
まずは、「遊べるお部屋づくり」から始めてみてください。

【ママ・パパも一緒に楽しもう☆】

Fotolia_92926509_Subscription_Monthly_M

キッズルームは、当然子どものための部屋ですが、ママやパパも一緒に楽しめなくては、子どもも夢中にはなれません。
お姫様のお部屋がコンセプトなら、「ママだってたまにはお姫様になりたいからお部屋を貸して」とお願いしてみたり、隣のお城のお姫様になりきってお部屋でティーパーティをしたり、一緒に目いっぱい楽しんでしまいましょう。
パパやママのテンションが低いまま、子どもひとりで楽しむというのはなかなか難しいものです。
大人も、一緒に楽しんでくれる人がいれば遊びはどんどん充実しますよね。
子どもだって、それと同じなんです。

【ショールームに行ってみるのもオススメ♪】

fotolia_95533691
住宅展示場や、家具店のキッズルームには、子ども部屋づくりのヒントがたくさんあります。
こういうところへ見に行くのは、子どもにとってはレジャーにもなります。
子どもの好みがわからない場合や、イチから全部を考えて作るのは難しいという人は、まずこうした展示場を見学してみましょう。
特に家具店のキッズルームは、気に入ればその場で家具を購入することもできて非常に便利です。
パパも一緒に、家族でおでかけしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい記事はこちら!