トレンド・イベント

2015.11.5

【3機種比較】子ども向けタブレット!どんな機能があるの!?

【3機種比較】子ども向けタブレット!どんな機能があるの!?

日本では情報化となり、IT機器が各家庭に1台は存在する時代になりました。
そんな時代の変化とともに、子どもにも早くからIT機器に触れ、慣れてもらう必要があるという流れができています。

そこで今回は、キッズ向けのタブレットについて特集していきます!

キッズタブレットって一体どんなもの!?

それではまず、キッズタブレットとはそもそもどのような機器なのか説明していきます。

 

kidsusingtablets

 

【キッズタブレットの特徴は、大きく5つ】

①大人向けのタブレットよりも機能が抑えられている。

②親が機能を制限できる。

③子どもを守る、セキュリティ機能が充実している。

④子ども向け教育アプリが豊富。

⑤頑丈なデザインで落としても安心。

 

上記のような特徴を兼ね備えているものが、キッズタブレット。

簡単にまとめると”子どものことを考えて作られたタブレット”です。

絵本やアナログの玩具だけでは出来ないような発見、体験を与えてくれます!

日本では、まだあまり広まっていませんが海外では日本の何倍もの製品ラインナップがあります。

これから徐々に一般的になっていくでしょう。

 

▼関連記事はこちらから

・子どものネット犯罪が増えている!?子どもにスマホ・ネットを使わせる前に見ておきたいサイトまとめ

どんなキッズタブレットがあるの?

fotolia_85364469

 

キッズタブレットは、大人向けタブレットと比べると需要が少ないため新製品の数はそう多くありません。

また、頑丈なデザインのため、1つのものを長く使い続けることができます。

なので、子どもの用途に合った良いものを厳選して購入することが大切です。

今回は、厳選したキッズタブレットを口コミと共にご紹介したいと思います♪

オススメその1☆MEEP

kijiyou2

出典:amazon

 

始めにご紹介するのは、「MEEP」

Android4.0が搭載されているキッズタブレットで、日本・海外で最も有名なモデルです。

アメリカでは発売後数ヶ月で25万台以上を売り上げたというヒット商品。

 

【「MEEP」のメリットは、なんといっても安い!】

2013年発売の古いモデルのため、今ではamazonで4,500円で購入可能というから驚きです。

このお値段であれば、親戚の子どもにプレゼントしても懐が痛まない!と、プレゼントとして購入される方も多いようです。

 

【デメリットは、説明書きが簡単なこと!】

メカに強い方であれば問題なく対応できると思います。

しかし、説明書が簡単なもののみなので機械が苦手という方には向きません。

また、口コミによるとサポートセンターも対応が不十分なようです。

 

この「MEEP」をさらにパワーアップさせたものが「MEEP!2」です。

スペックが更に上がり、「Google Play」やBluetoothにも対応しています。

値段はamazonで8,000円と手が出しやすい価格。

キッズタブレットであっても高機能なものを望むという方には、「MEEP!2」がオススメです。

 

機械には強く、とにかく安く購入したいという方にピッタリかもしれませんね♪

オススメその2☆レインボー・パッド

kids_1_s

こちらの「レインボー・パッド」は、Android4.1を搭載しています。

多彩なキッズアプリが入っており、お絵かきや絵本などの教育系アプリも充実!

 

【メリットは、大人用タブレットの性能と近いということ!】

「レインボー・パット」ではアプリを入れ替えることでなんら変わりない普通のタブレットとして使うことができます。

子どもの成長に合わせて、設定を決めていきましょう。

 

【デメリットは、1世代前のものなので動きが遅いということ!】

遅いことを受け入れ、気長に待つことができるのであればオススメします。

 

見た目が可愛く、スタンド付きなのもうれしいですね!

 

オススメその3☆tap me2

最後に「tapme2」をご紹介☆

 

main

 

こちらは、Android4.4を搭載している最新版キッズタブレット。

 

他のタブレットとは異なるメリットは管理機能と付属品の2つ!】

まず、管理機能です。

子どもの安全を守るためにアプリの利用制限やタイマー設定を細かく行なうことができます。

 

次に、付属のカバーです。

付属の高機能専用カバーは、タブレット全体を覆っており、持ち運びに最適。

ふたの部分の折り方次第で、スタンドにもなります。

feature_img_01 feature_img_02

 

他にも、「タップミーフレンズ」というキャラクターを設定しておくと、話し相手になってくれるという機能も。

feature_img_04

 

スペックとして完璧な「tapme2」ですが、デメリットももちろんあります。

それは、価格が高いことです。】

Amazonでも16,662円と、最初に紹介した2件よりも価格は少し高めです。

機能やデザインも文句なしですので、金額懸念がなければオススメです♪

まとめ

今ご紹介した商品は、amazonでの購入が最も安いと思われます♪

こちらからチェック!

iphoneを子どもに手渡すと、どこかへ電話してしまわないか広告にひっかからないかと、ハラハラどきどき。

それよりは、キッズタブレットで思う存分遊んでもらった方が良いですよね!

興味のある方はぜひチェックしてみてください☆

あわせて読みたい記事はこちら!