ママに読んでほしい記事

2018.1.4

幸福度を高める「スクワット」とは?

幸福度を高める「スクワット」とは?

体の冷えに悩んでいる女性には、疲れを感じやすい、体力に自信がない、パワーが出ないという人が多いものです。
もちろん、体が重かったり、落ち込んだ日にはしっかり眠って体力を養いつつ、ネガティブなエネルギーをそぎ落とすことは、リフレッシュする良い方法です。
そこで、器である私たちの体を実際に動かし、内側から生まれる力の強化をしましょう。
目に見えないエネルギーからの影響にまいっているときは、実は体を動かすのが一番。
気分が高まり、感じるものや、見える景色までも変わってきます。

中でも下半身に冷えを感じている人は内臓の温度が低く、その原因の一つは運動不足で筋肉が少なく、血流が滞ってしまうこと。ウォーキングではなかなか筋肉量が増えないのでランニングするとよいのですが、それではハードルが高いので、私はスクワットをおすすめしています。

いいことづくしなスクワット

スクワットは、人間の肉体の中で一番大きな太もも裏の筋肉(ハムストリングス)やお尻の大臀筋などを使うので、運動の効果が高く、血流がよくなって体が温まり、短時間でも汗をかいてエクササイズをしたという手応えを感じます。

続ければ筋肉量がアップして、ふだんの血のめぐりもよくなって冷えの改善も期待できますし、代謝が上がって太りにくくなります。加えて、腹筋も使うのでお腹まわりがスッキリしたり、背筋も鍛えられて姿勢がよくなり、腰痛が改善することも。

これだけいいことづくしなのに、道具は不要で室内の小さなスペースで、いつでも手軽にできるのがスクワットの魅力です。

 

効果的なスクワットの紹介

効果的なスクワットの紹介

それでは、スクワットのやり方をご紹介します。
動きは複雑ではありませんが、やり方を間違えると、ひざや腰を痛めてしまうので、ポイントを押さえてトライしましょう!

---------------------

【効果的なスクワットのやり方】
① 両足を肩幅に開く。足の向きは真っ直ぐ、つま先を正面に向ける。
② 腕は真っ直ぐ前に伸ばし、手のひらを下に向けて、肩の高さまで上げる。
③  背筋を伸ばしたまま、股関節から上半身を曲げながら、ゆっくりとひざを曲げて腰を落としていく。ひざがつま先より前に出ないように直角に曲げて、お尻を後ろに突き出すような姿勢で落とすこと。ひざを前に出して曲げると、負担がかかって痛めるので注意。また、ひざはつま先と同じ方向に向けながら曲げ、かかとが浮かないように。
④  床と太ももが平行になるまで下りたら、今度はゆっくりとお尻を上げながら、上半身を元に戻していく。体に余裕があれば、ひざを伸して元の姿勢に戻る少し前に、再びひざを曲げて腰を落としていく。

---------------------

①~④を1日10~20セット行うと効果的です☆

 

スクワットを続けることで変わる思考

これまでエステティシャンとして大勢の方の施術をしてきて感じるのは、自分の現状にあまり満足できていない人のお尻は冷たかったり、弾力がありません。
体を鍛えるのが苦手な方もいると思いますが、少しがんばってスクワットを続ければ体の調子が上がって気持ちも前向きになります。
体は自分が思う以上にとても素直です。いつの間にかプラス思考をしている自分自身に変化を感じるはず。

スクワットで効果的にパワー不足を解消して、どんどん幸福感を高めましょう!

 

幸福度を上げるスクワットを教えてくれた先生の紹介

月の魔法で幸せを引き寄せる

 

須山奈緒子(すやま なおこ)

美容の世界に入って、約20年。18歳より渡加。北米でも一番厳しいと言われる特殊メイク専門学校を卒業。2001年にカナダで美容師の免許を取得し、約5年間、ヘアメイクアップアーティストとして、北米を中心に活動。
帰国後は、ファッションショー、舞台、プロモーションビデオなどのヘアメイクアーティストとして活動。その後、東京の大手エステサロン店長として、真の美・健康の追求、研究に力を注ぐ。2006年独立。
自身の3度の大手術の経験から、健康や、自然治癒力に対する意識が180度変わる。人間の体の神秘的なしくみ、魂力の存在に私たちは常に生かされているという意識のもと、女性の美と健康、心と体を超えたトータルビューティーを実現中。エステティシャンとして勤めていたとき、女性の本当の美とは何かを考えさせられるような不条理な出来事を多く経験。神秘的な技法で人を蘇生させる僧侶を知り、修行の道に入る。美と共鳴する女性になるための「浄化エステ」を創設。一人一人の美を目覚めさせるために、自宅でサロンを開業、自分の美の宝箱のお掃除をし、「鍵」を発見する「浄化メソッド」を広める活動をしている。

究極の浄化エステ 月の家 http://purifyesthetic.tokyo/
ブログ 浄活美人 http://blog.purifyesthetic.tokyo/

 

あわせて読みたい記事はこちら!