レジャー

2016.5.26

買い替えは必要?【A型orB型】最新のベビーカーをご紹介

買い替えは必要?【A型orB型】最新のベビーカーをご紹介

赤ちゃんが生まれたらほぼ必ずと言っていいほど使うことになるベビーカー。

「丈夫だけど軽いものがいい」「せっかくだから可愛いデザインのものがいい」など、それぞれ理想はあるかと思いますが、安い買い物ではないので、しっかり吟味して購入したいですよね。

今回は、そんなママ達のために、ベビーカーについてご紹介します。

ベビーカーの種類はどう違うの?

Fotolia_100877681_Subscription_Monthly_M

 

ベビーカーには、大きく分けて2種類あるのをご存知でしょうか。

A型B型の2種類がありますので、この2つについて説明します。

 

<A型の特徴>

・リクライニングできる角度が深く、110〜180度まで背もたれ部分が倒れるものが多い

・生後28日から24ヶ月まで使える

・赤ちゃんの顔を見ながら走行できる対面式が主流だが、ハンドルを切り替えて背面式にもなるデザインのものもある

・B型より大きく重いものが多い

・価格はB型と比較して高め

 

<B型の特徴>

・リクライニング機能がない、もしくは着座姿勢が出来る角度まで

・生後7カ月から使用できるものがほとんど

・シートは背面式のみで、赤ちゃんが15kgになるまで使えるものが主流

・A型よりも軽量でコンパクトのものが多い

・価格はA型と比較して安め

 

 <選び方>

選び方のコツは、赤ちゃんとどういう風に外出したいかというママの行動範囲から考えるとよいでしょう。
A型は対面式になるものが多いので、月齢の小さいうちは顔を見て外出したいという方にはオススメです。

また、収納場所によっては高さが高くなるベビーカーでは、置き場に困ることもあります。日常のお出かけで、電車やバスに乗ることが多くなりそうな場合は、軽量で持ち運びやすいものがよいですよね。

どのような場所で使い、どこにしまうのか、事前にチェックしておくと選びやすいでしょう。

ベビーカーを買い替える必要はある?

ベビーカーを買い替える必要はある?

生後まもなくから使えるA型を使っているママは、赤ちゃんが成長すると、安定はしているけど重いA型からセカンドベビーカーと呼ばれるB型に買い替えようか悩みますよね。

 

どちらのタイプもメリット・デメリットがあるので、その時期にあったタイプを選ぶのがベストです。

たとえば、最初はA型を購入し、子どもの動きが活発になる1歳間近、もしくは2〜3歳でA型からB型に変えるという人が多いようです。

これは、子どもの動きが活発になると、ベビーカーに乗っている時間が短くなるので、持ち運びやすいB型に替えたくなるからです。

 

何ヶ月になったら替えるべきというのはないので、子どもがA型でよく寝ているのであればまだ買い替える必要はないですし、

ベビーカーで出かけても抱っこひもの方がよく使うということであれば、早めにB型に替えてしまうのも手です。

 

子どもの成長や好き嫌いを見ながら、買い替えを検討するとよいと思います。

2016年おススメのベビーカーの紹介

<A型のオススメはコレ!>

 

・コンビ メチャカルハンディ オート4キャスシリーズ

 

71jaZHC7MnL__SL1500_

出典:Amazon

 

背面・対面ともに同じように転回が可能なオート4輪装着モデル。

A型といえば、上記でも紹介したように大きく重い点がネックですが、こちらのモデルはわずか4.9kgで、主要3社から発売されている軽量+オート4輪ベビーカーの中で最軽量。

また、持ち運びが楽な「持ちカルグリップ」を採用するなど、複数の革新的な装備を採用し、他社製品との差別化を図っています。

 

・アップリカ ラクーナ

 

a11897xxx_k1

出典:楽天

 

こちらも上記のコンビと同じように、軽量でありながらオート4輪を搭載した人気モデル。

赤ちゃんとのお出かけ時に、抱っこひもとベビーカーを同時に使うのはなかなか難しい作業ですが、こちらのラクーナとアップリカの人気だっこ紐、コランCTSを同時に利用すればベビーカーにだっこ紐のままセットでき、抱き上げ時にはだっこ紐ごと持ち上げることが可能です。

 

<B型のオススメはコレ!>

 

・アップリカ マジカルエアー2015

 

61FC2Y9ktoL__SL1059_

出典:Amazon

 

「ハイシートで1番軽い」2.9kgを実現した人気モデル。

軽いのにボディーはしっかりとしていて、持ち手も高く押しやすくなっています。片手でワンタッチ開閉&スリムに自立するのが嬉しいです。

 

・アップリカ スティック

 

61vEWZRYL9L__SL1048_

出典:Amazon

 

重量が6kgとB型ベビーカーの中では重い方ですが、170度のリクライニングが可能で、生後1ヶ月から使える万能ベビーカー。

53cmのハイシートや、地面の凹凸の影響を抑えるサスペンション機能がついているので、生まれて間もない赤ちゃんにも安心です。

まとめ

いかがでしたか?
たくさん種類があるので本当に迷ってしまいますよね。

現在のところ、日本での人気が高く、最も販売数が多いのはA型ですが、最近では首や腰が座るまでは抱っこ紐やスリングを使用し、7ヶ月頃からB型を使い始めるという方も増えているそうです。

人によってあうベビーカーは異なりますので、自身のライフスタイルに合ったものを選んでくださいね。

あわせて読みたい記事はこちら!