住まい

2017.3.3

成長しても、兄弟が増えても大丈夫!お部屋を賢く仕切るパーテーション方法!

成長しても、兄弟が増えても大丈夫!お部屋を賢く仕切るパーテーション方法!

子どもがある程度成長すると、「自分の部屋が欲しい!」と言い出したりしますよね。

また、異性の兄弟だと、できれば早めにお部屋を分けてあげたいと思うママパパもいると思います。

しかし、間取りの関係で子ども部屋を増やせない場合でも、すぐにお引っ越しというのはなかなかできませんよね。

そんなときは、お部屋の中を仕切って別部屋を作ってみてはいかがでしょうか。

難しく感じるかもしれませんが、意外と費用も安く済みますし簡単にできるんですよ。

今回は、兄弟でお部屋を分けるときのために、部屋を仕切る方法についてご紹介します。

① 部屋を仕切る方法は?

①	部屋を仕切る方法は?

お部屋を仕切る方法はいくつかあります。

参考の商品とあわせてご紹介します。

  • 布やカーテンを使う

布やカーテンで仕切るのが一番安上がりです。

また、子どもが大きくなって独立した際に、すぐにもとの広い部屋に戻すことができますし、天井と床に隙間が空いているため、エアコンが1台で済みます。

カーテンで仕切るのには、天井にレールを設置したり、麻の紐で作ったり、突っ張り式のポールを使うという方法もあります。

また、素材によっては透けて見えるので、注意しましょう。

子どもたちの好きな柄をそれぞれ使ってあげると、自分の好みのお部屋っぽくできるので、きっと喜んでくれるでしょう。

突っ張り目隠しカーテン

http://item.rakuten.co.jp/vivito-shop/nj-0061/

  • パーテーションラックを使う

手軽に部屋を仕切りたいのであれば、パーテーションラックがおススメです。

様々な色や柄のものが販売されていますし、突っ張り式で壁のように扱えるものから、折りたたんで必要な時だけ目隠しに使えるものまで多種多様です。

楽に間仕切りできるのが嬉しいポイントです。

イントレチャートパーテーション

http://item.rakuten.co.jp/happy11/a10565/

  • 本棚やクローゼットを使う

本棚やクローゼットを部屋の真ん中に置けば、スペースのムダなく空間を分けることができます。

あまり背の高いものを選んでしまうと、部屋が狭く感じやすいので注意しましょう。

シェルフユニット

http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/categories/departments/living_room/11465/#/10275895

  • 可動式収納棚

部屋の中央に可動式の棚を置くことで、独立した二つ部屋を作ることが可能です。

さらに、棚を置くことで収納スペースを確保できるので、何かとものが多くなる子どもたちのモノを収納できて一石二鳥です。

キューブボックス

http://item.rakuten.co.jp/kagu350/g11012/

 

② どんなものを選べばいい?

②	どんなものを選べばいい?

お部屋を分けるときに、どんな風に仕切りたいかで変わってきます。

もし同性の兄弟なら、お互いのスペースが分けられればいいかもしれませんし、異性の兄弟なら相手の姿が全く見えないようにしたいと考えるかもしれませんよね。

基本的には、部屋を広く見せるためには、部屋の仕切りはできるだけ低く、重厚感のない白色を選ぶのがおススメです。

色が暗く、背の高いパーテーションや本棚で仕切ってしまうと、圧迫感がありますし、お部屋も狭く見えてしまうので、お部屋をどのように分けたいかという理想との兼ね合いで決めてみてくださいね。

 

③ まとめ

③	まとめ

いかがでしたか?

子どもに年齢差がある場合は、勉強時間や寝る時間など生活リズムも変わってくるので、できれば部屋を別にしてあげたいですよね。

子どもがストレスなく快適に家で過ごせるようにするためにも、上記を参考に、上手に間仕切りをして快適な環境を作ってあげましょう。

あわせて読みたい記事はこちら!