特集

2016.12.20

私立幼稚園就園奨励費補助金ってナニ?

私立幼稚園就園奨励費補助金ってナニ?

ママ達の頭を悩ます子どもの幼稚園問題。
公立、私立で費用が違ったり、園によっても方針が違ったりするので、かなり迷ってしまいますよね。
特に公立と私立では費用が倍ほど違うので、私立に行くとなると家庭の出費として大きな打撃を受けることになりますよね。
しかし、私立の幼稚園へ行くことになっても、補助金を受けられることがあるんですよ。
今回は、知っておくと得する「私立幼稚園就園奨励費補助金」についてご紹介します。

「私立幼稚園就園奨励費補助金」とは

「私立幼稚園就園奨励費補助金」とは

私立幼稚園就園奨励費補助金とは、その名の通り、私立幼稚園に通う子どもがいる家庭が受けられる補助金です。
これは国が自治体に依頼している補助金制度の一つで、保護者の所得状況に応じて、受け取れる額が変わってきます。
受け取るためには、自分が住んでいる市町村など各自治体への申請が必要です。

いつ、どれくらいもらえるの?

いつ、どれくらいもらえるの?

では、私立幼稚園就園奨励費補助金は一体どれくらいもらえるのでしょうか。
ここが一番気になるところですよね。

実は、いくらもらえるかは、各自治体や所得状況などによって変わってきます。
そのため、自分の住んでいる地域の制度を確認するのが一番ですが、ここでは神奈川県横浜市を例に挙げてご紹介します。

●補助対象園児

・横浜市内に住民登録があること

・実際に市内にお住まいであること

・私学助成を受ける私立幼稚園に在園し、市内のお住まいから実際に通園していること

上記を全て満たす方が対象です。
※市外の幼稚園も含みます。実際の居住地が異なる場合は対象外です。
※子ども・子育て支援新制度の施設型給付を受ける幼稚園・認定こども園に在園する場合は対象外です。

●補助金額(年額)
以下は平成28年度の横浜市における私立幼稚園就園奨励補助金額一覧です。

世帯全員(平成28年6月1日現在)の市民税額(平成28年度課税分)の合計及びきょうだいの状況にって補助区分が決定されますので、細かく分かれています

たとえば、平成28年度の市民税所得割額77,100円以下世帯で第一子の3歳の子どもが受け取れるのは、年額132,200円。
また、ひとり親世帯の場合は年額217,000円受け取ることができます。

もらえるのともらえないのとでは、大きな差になる額ですよね。

制度を知っておくのと知らないのとでは、兄弟も含めたらかなり大きな額になってきますので、ぜひ頭の隅に置いておいてくださいね。

お申し込み手続き、お支払いは幼稚園を通して行われます。

支払われ方や支払い方法などは各幼稚園によって異なりますので、入園が決まったらその幼稚園に確認するのがよいでしょう。

まとめ

まとめ

いかがでしたか?
幼稚園に入るまではそんなにお金がかからなかった子育ても、私立幼稚園入園となるといよいよ家計に影響してきますよね。
私立幼稚園就園奨励費補助金は、自治体によって、制度がない場合や国の基準よりも厳しく設定しているところもありますので、ぜひお住まいの地域やこれから引っ越しを考えている地域の制度について確認してみてくださいね。

あわせて読みたい記事はこちら!