特集

2016.6.1

出産後に役立つ!レンタルグッズのご紹介

出産後に役立つ!レンタルグッズのご紹介

赤ちゃんが生まれると必要なグッズというのはたくさんありますよね。でもその必要なグッズというのは、使う期間が短かったり、値段が高かったりして、購入を迷いますよね。

最近では、一定期間しか使わないベビーグッズは、レンタルしている人も増えてきています。今回は、産後に役立つレンタルグッズや実際にレンタルしたママ達の声をご紹介します。

出産後は一時的に使う物って何?

産後、赤ちゃんに必要なグッズは、どれくらいの期間使用するのかについてまとめてみました。

 

Fotolia_89219072_Subscription_Monthly_M

 

・ベビーバス

沐浴に必要なベビーバス。

赤ちゃんの1ヶ月健診で問題がなければ、湯船に浸かることが出来ますので、使うのはだいたい1ヶ月~2ヶ月です。

 

・バスチェアー

沐浴を卒業したら、いよいよお風呂デビューですね。

ママやパパが一人で赤ちゃんをお風呂に入れる場合や兄弟がいる場合、バスチェアーがあれば、赤ちゃんが座った状態で待っていられるので安心ですし、両手が空くのでしっかりと赤ちゃんを洗うことが出来ます。

赤ちゃんがつかまり立ちが出来るようになったり、動きが活発になったりすると、赤ちゃん自身もベビーバスチェアーに座るのを嫌がるので、1歳頃には使わなくなる子も多いようです。

 

・抱っこ紐

抱っこ紐も安くはない買い物ですよね。

1歳半前後になると体重が10キロ超えてくるので、長時間抱っこしているのが辛くなって、ベビーカーメインになってくるママが多いようです。

 

Fotolia_102386488_Subscription_Monthly_M

 

・ベビーカー

ほとんどのママが用意に迷うベビーカー。

ママによって異なりますが、2歳~3歳の間でベビーカーを卒業する子どもが多いです。
ただ、子どもが寝てしまったときは、抱っこよりもベビーカーに乗せると楽ですので、3歳を過ぎるまで使用していたというママもいます。

 

・ベビーベッド

家庭の状況や間取りなどにもよりますが、ベビーベッドから転落してしまう危険性がありますので、つかまり立ちが出来るようになる8ヶ月頃になったら、卒業したほうがいいでしょう。

 

・チャイルドシート

道路交通法にて、6歳未満の乳幼児は必ずチャイルドシートを着用することが定められています。

レンタルする方法もあり!のベビーグッズはどれ?

レンタルする方法もあり!のベビーグッズはどれ?

産後一時的に利用するベビーグッズをご紹介しましたが、購入するかレンタルするか悩みますよね。

ここでは、先輩ママに聞いたレンタルして良かったベビー用品を3つご紹介します。

 

◆ベビーベッド

高額な割に使用期間が短いですし、収納場所に困るということで、レンタルする人が多いようです。

 

◆チャイルドシート

車を持っている家庭なら必需品のベビー用品ですね。

安全や赤ちゃんの快適さを追求した色んな装備が備わったものとなると高額になるので、レンタルで色々試してみる人も。

逆にあまり車に乗らない人が、そのときのみレンタルするというパターンも多いようです。

 

◆ベビーラック

ベビーラックは、好きな赤ちゃんもいますが、余計グズってしまう赤ちゃんもいます。

購入したけれど、いざ使ってみたらあまり効果がなかった…という赤ちゃんもいますので、まずはレンタルで我が子の様子を見てみることをオススメします。

レンタルを利用した人の声

レンタルを利用した人の声

<ベビーベッド>

 

「上の子がいたずらするので、ベビーベッドをレンタルしました。ベビーベッドを使うとおむつ替えが楽でしたよ。一人目の時はレンタルしなかったことを後悔しましたね」

 

「私は、ベビーベッドをレンタルしました。良かった点は、大型商品なので使用後にすぐに返却できるので、処分の必要がなく手軽なことです」

 

<チャイルドシート>

 

「里帰り出産で、実家の周辺は車が必須の環境。そのため、実家にいる間だけは、チャイルドシートを借りることにしました。実際に、数回しか使用しなかったので、レンタルで安く借りれてよかったです」

 

「子どもはどんどん成長していきます。乳児期から成長にあわせてレンタルしたので、サイズの心配がなくてすみました」

 

<ベビーバス>

 

「ベビーバスはレンタルしました。自宅まで運んでくれて、返す時は取りに来てくれるので便利。ベビーバスは、1ヵ月半くらいしか使わなかったですよ。ベビーバスを買って、使わなくなった物を処分するのにもお金がかかるので、レンタルがおすすめ」

 

「出産後から生後3ヵ月までベビー用の体重計をレンタルしていました。ベビースケールで、授乳前後に体重を量ると、子どもがどれだけ母乳を飲んだかわかります。あまり体重が増えていないときは、ミルクを足すなどできます。意外と忘れがちなベビースケールですが、とても役に立ちますよ」

まとめ

いかがでしたか?

使用期間が短いものや高額商品だけれど赤ちゃんの好みがあるもの、収納スペースが多く必要なものは、購入するよりもまずはレンタルしてみて赤ちゃんの様子を見ると、買い物で損することがなさそうですね。

あわせて読みたい記事はこちら!