特集

2016.5.17

ハイハイまでに何を準備する?赤ちゃんの安全を守る家庭内グッズをご紹介

ハイハイまでに何を準備する?赤ちゃんの安全を守る家庭内グッズをご紹介

毎日着々と成長していく赤ちゃん。
昨日までは出来なかったことが急に出来るようになる赤ちゃんの成長には、嬉しいと同時に本当に驚かされますよね。

その成長の中でも、生後7,8ヶ月頃になるとハイハイが出来るようになりますので、一気に行動範囲が広がります。

それまでのお部屋ですと、大人でも気づかないところにも危険がたくさん潜んでいますので、お部屋の見直しをしなければいけません。

今回は、赤ちゃんを危険から守るためにハイハイを始める前の安全対策をご紹介します。

自宅で赤ちゃんが触れると危険な物とは?

自宅で赤ちゃんが触れると危険な物とは?

普段あまり気にならない場所や物でも、子どもが動き始めるととたんに危険なものになります。

ここでは、赤ちゃんが触れると危険な場所や物をまとめてみました。

 

●テーブルやテレビ台の角

赤ちゃんがテーブルやテレビ台の角に頭をぶつけて大泣き…なんてことはありませんか?
大人でも体の一部をぶつけたら痛いのですから、赤ちゃんからしたらきっとたまったものではないですよね。
痛いだけではなく、頭や目をぶつけてしまったら、障害が残る大ケガに繋がりかねませんので、全ての角にカバーをつけましょう

 

●コンセント

ちょうど子どもの目線にあるコンセントは、子どもにとって興味津々です。
濡れた手で触ったり金属を差し込んでしまったりした場合には感電の危険がありますし、差しているコンセントを抜いたりするのも危険ですので、コンセントカバーをつけましょう

 

●小物全て

ハイハイできるようになった赤ちゃんは好奇心の塊です。
なんでも手にとってみては、口に入れてしまいます。
リモコンや洗濯物、ゴミなどあらゆるものが口に入れる対象ですので、赤ちゃんの手が届く範囲に小物を置いておくのはやめましょう。
特に飲み込んでしまえそうな大きさのものは、誤飲してしまう可能性がありますので、赤ちゃんの手の届かないところに収納しておきましょう。

 

●戸棚の引き出し

「引き出しの中なら大丈夫」なんて思っているママ、油断してはいけません。
引き出しから物を取り出してしまうこともありますので、引き出しが開かないようにストッパーをつけておくことをオススメします。

赤ちゃんの安全を守るグッズとその特徴をご紹介

●角っこから守るコーナーガード

ケガ防止2Mコーナーガード・クッション/ベージュ

314nsgWY0LL

出典:Amazon

 

はさみやカッターで簡単に切れますが、厚さが10ミリあるので、安心して衝撃を吸収してくれます。

また、安いものですとすぐに剥がれてしまいがちですが、こちらの商品は強力なテープを使っているため全く剥がれてきません。

 

●コンセントから守るコンセントカバー

リッチェル ベビーガード コンセントフルカバー3連

 

 

41zKLjxQJEL._SY450_

 

出典:Amazon

 

コンセントを使用したままカバーができる3連タイプ用です。

コンセントカバーは、可愛いデザインのものもよく売られていますが、余計に興味を持ってしまいますので、シンプルなデザインのものがオススメです。

 

●引き出しのストッパー

リッチェル ベビーガード はがせる多目的ストッパー

41FapHM2x-L

出典:Amazon

 

引き出し、開き戸、引き戸、冷蔵庫のドアなどをロックするストッパー。

赤ちゃんが開けにくいダブルロックになっています。

 

●ベビーゲート

日本育児ベビーズゲイト

001666xxx_s1

出典:楽天

 

危ないものが多いキッチンや靴がおいてある玄関に侵入できないようにするベビーゲート。

開けてそのまま手を離しても自動でロックしてくれるので忙しい時でも閉め忘れがありません。

まとめ

いかがでしたか?
赤ちゃんがハイハイを始めると、その動く距離とスピードも毎日伸びていくので驚かされます。

「見ているから大丈夫」と思っていても、いつの間にかママの想像を超えた動きができるようになっている場合もありますので、大きなケガをする前に赤ちゃんの身を危険から守るお部屋作りをしておきましょう。

あわせて読みたい記事はこちら!