特集

2016.2.29

ママ友ランチにオススメ☆最新のトレンドコーデ

ママ友ランチにオススメ☆最新のトレンドコーデ

ママ友とのランチは楽しいものですが、「みんなどんな服を着て来るんだろう?」「浮いちゃったらどうしよう?」などなど、心配も尽きないものですよね。
ママ友とのランチ会コーデのポイントはどんなところにあるのでしょうか。
浮き過ぎずに「あの人お洒落!」と思わせるコーデについてご紹介します。

【子どもが参加するランチ】

ママ友ランチの時のコーデのポイントとして、子どもも参加するのかどうか、というのがあります。
子どもが参加するかどうかによって、ママ友ランチで好まれる服装も変わってくるのです。

 

≪子どもが来る場合の注意点≫

 

スニーカー

 

子どもも参加するランチの場合は、お洒落よりも「動きやすさ」を重視する必要が出てきます。
ヒールの高いパンプスは避け、フラットシューズやスニーカーを履くようにしましょう。

 

また、ひらひらとしたスカートは子ども連れのランチに向きません。
パンツスタイルの方が、子どもが何かしたときも咄嗟に動けます。
お洒落も大切ですが、TPOに合わせたコーデを心がけるようにしましょう。

≪子どもがいる時のお勧めコーデ≫

ボトムをデニムにするのであれば、スニーカーではなくフラットシューズやヒールのないブーツなどを合わせてお洒落を意識しましょう。
冬場はムートンブーツなどもお勧めです。

 

また、足首の出るアンクル丈のパンツはキレイ目な着こなしができるので、デニムよりもきっちりとした印象になります。

 

本格的なジャケットを着るとやりすぎになってしまうので、シャツをインして大判ストールを巻きつけたり、スウェット地のカジュアルなジャケットを羽織るようにしましょう。

 

Fotolia_103301455_Subscription_Monthly_M

 

アクセサリーに関しても、子どもがいるときはあまりジャラジャラとつけ過ぎないようにしてください。
動きづらいコーデはともかくNG!と思っておきましょう。

【ママだけのランチ】

ママだけのランチの場合は、もう少し自由にコーデを楽しむことができます。

 

≪パンツスタイル≫

 

パンツスタイル

 

先ほどあげたような、パンツスタイル×ちょいお洒落なコーデもお勧めです。その場合は、少し派手めな大振りネックレスなどを付けてアクセントを楽しむのも良いでしょう。

動きやすくカジュアルなパンツスタイルは、ママ友に好印象を抱いてもらいやすいコーディネイトです。
「あの人頑張りすぎじゃない?」と思われないコーデを作りやすいため、好感度の高いお洒落なコーデが楽しめます。
流行のアイテムを小物で取り入れたり、差し色を使うようにすると一気にお洒落度があがります。
アクセサリーの手持ちが少ない場合は、カバンや靴などにこだわってみましょう。

子どもがいないのであれば、少し高めのパンプスを履いても大丈夫です。
ただし、派手な帽子やサングラスなどはやり過ぎだと思われる可能性が高いため、避けた方が無難です。
また、もちろん、慣れないヒール靴を履いて「足が痛い」などと言い出すようではいけません。

パンプスに慣れないママは、無理せず普段の靴を履きましょう。

 

≪スカート・ガウチョパンツ≫

 

Beautiful young blonde woman in the short mint dress

 

ミモレ丈スカートやマキシ丈スカート、ガウチョパンツは、露出も少なく上品なため、ママ友ランチでも使えます。
ただし、この場合はお洒落になりすぎないようパンプスは避けるようにしましょう。

また、膝丈のペンシルスカートなども、ママ友ランチにお勧めのスカートです。

その場合、オフィススタイルになってしまわないよう、足元はスニーカーなどでカジュアルダウンすると良いでしょう。

 

≪ワンピース≫

 

SONY DSC

 

ちょっとおしゃれなイタリアンなどに行く時は、キレイ目なワンピースも着られます。

上にはカジュアル目なジャケットやカーディガンを合わせましょう。
ただし、一緒に行くママ友がカジュアルな服装の人が多い場合は浮いてしまうこともあるので注意してください。

あわせて読みたい記事はこちら!