ママに読んでほしい記事

2015.12.27

頑張る”子育てママ”たちのプチ起業が熱い!?

頑張る”子育てママ”たちのプチ起業が熱い!?

今、ママたちの間でじわじわと話題になっているのが、「プチ起業」です☆
プチ起業したいママのためのフェスタが開催されたり、ママの起業を応援するためのサポート企業があったりと、少しずつ体制が整い始めています。
そんなプチ起業の魅力とリスクについてご紹介します♪

「プチ起業」とは?

そもそも、プチ起業とは、なんなのでしょうか。
起業というのは、新しく会社や事業を立ち上げることです。
「株式会社○○」として会社を起ち上げた場合、それは通常の起業に当たります。
もちろん、本格的に起業して成功しているママもいますが、子育てもしなければならない状況下で本格的に会社を運営するのはかなり困難で、リスクも大きいものです。

 

では、お裁縫が趣味のママが、手作り品をフリーマーケットで売るというのはどうでしょうか。
品物が売れれば、材料費を除いた金額が利益になりますが、会社というわけではありませんね。
これがプチ起業です☆

 

fotolia_80091816

 

もちろん、それだけでは大した稼ぎにはなりませんが、インターネットの手作り品販売サイトに出品したり、オーダーを受けるようになったりすれば、どんどん収入も増えていきます。
その上、隙間時間に行って、作れた分だけを出品すれば良いわけですから、子どもの急な発熱や学校行事への影響もありません。
プチ起業は、こうした融通の利きやすさから、ママたちの間で注目を集めているのです!

どのくらい稼げるの?

プチ起業をしてどのくらいの収入になるかは、ママの持つスキルや仕事の選び方、かけられる時間によって大きく変わってきます。もし、「毎月必ず○万円以上稼ぎたい!」という気持ちがあるのであれば、プチ起業はあまり向いていないかもしれません。

軌道に乗るまでは、効率の良い販売方法がわからなかったり、作業に時間ばかりがかかって、時給で考えてみると全然割に合わなかったりすることもあります。
そのくらいなら、普通にパートをした方がずっとお金になった、ということも十分あり得るのがプチ起業のデメリットです。
しかし、子どものそばで無理せず働きたい、自分の趣味をお金にしたい、というママには、プチ起業はぴったりなんです。

会社勤めと子育て

起業ママ

 

以前に比べて、会社の子育てに関するスタンスは大分改善されてきています。
産休や育休の取得が法的に定められて、出産後に同じポジションに戻れるというママも多くなっています。
しかし、中小企業の場合は、残念ながらなかなかそうもいかないという実態もあります。
また、いくら会社が認めてくれたからといって、子どもの用事や病気でたびたび会社を休んだり早退したりするのが心苦しいというママもいるでしょう。
そういうママにとって、自宅で子どものペースに合わせて働けるというのは大きなメリットになります。

 

プチ起業の種類

fotolia_89596784

 

様々な分野でプチ起業し、活躍しているママがいます☆

 

---------------------
■完全在宅系
手作り品の販売、パソコンを使った在宅ワーク、在宅秘書等、完全に在宅で行うお仕事。
時間の自由が最も効くタイプのお仕事です。

---------------------

■半在宅系
インテリアアドバイザー、ファイナンシャルプランナー等、依頼者の要望に応じて外出することもあるお仕事です。
資格が必要な場合も多いタイプのプチ起業です。

---------------------

■来客系
ピアノや着付け等の先生、エステサロン、マッサージ運営等、自宅にお客様を招いて行うお仕事。
自宅で行えますが、完全在宅の仕事に比べると自由度は下がります。

---------------------

 

同じプチ起業の中でも、初期費用がかかるものやそうでないもの、スキルに応じて大きな収入が見込めるもの、隙間時間に行いやすいものなど、様々な特徴があります♪
自分にあったプチ起業を見つけるためにも、プチ起業フォーラムなどに出かけたり、プチ起業しているママ達のサイトをチェックしてみるのがお勧めです。
良い仕事を見つけられれば、パートと同じかそれ以上稼ぐことも可能なプチ起業、是非チェックしてみてください☆

 

あわせて読みたい記事はこちら!