子どものファッション

2015.8.26

成長が早い子どものファッション。選び方の6つのポイント

成長が早い子どものファッション。選び方の6つのポイント

日々成長していく子どもたち。
特に乳幼児の成長は、目を見張るものがありますよね。

そんな子どもたちの服、サイズ選びに悩む方も多いのではないでしょうか?
すぐ着られなくなるのはもったいないし、かといってぶかぶかすぎても不安・・・

そんなお悩みを解消すべく
今回は、子ども服を選ぶ際のポイントを6つご紹介します♪

子ども服を選ぶ時の6つのポイント

子ども服を選ぶ時の6つのポイント

①ベビー服は、ぴったりサイズをチョイス!

0歳~1歳児にかけて用いるベビー服には、ジャストサイズを選びましょう♪

この1年間の発達は、人生の中で最もめざましいものです。
そんな乳児期の動きを妨げることのないよう、体重身長に合った服を選ぶことが大切です。

 

②アウターは、3歳上のサイズを買ってもOK!

ここで、国内の年齢別サイズ目安表をチェック!

・新生児:サイズ50(体重の目安3kg)
・3ヶ月:サイズ60(体重の目安6kg)
・6ヶ月:サイズ70(体重の目安9kg)
・1歳:サイズ80 (体重の目安11㎏)
・2歳:サイズ90 (体重の目安13㎏)
・3歳6か月頃:サイズ95(体重の目安14kg)
・4歳6か月頃:サイズ95~105(体重14~17kg)
・5歳6か月頃:サイズ95~105cm
・6~7歳頃サイズ:105~115cm

着る期間の短いアウターは、3歳上のサイズを購入してもOKです♪

ジャケットやコートは本当に限られた季節でしか活躍できません。
1歳上のサイズでいいや、と選ぶと本当に今年と来年の2年間しか着られなくなってしまいます。

腕まくりをしながら着られるようなアウターであれば、3歳上のサイズを購入しましょう!

 

③トップスは2歳上サイズでOK!

半そでや七分丈であれば、2歳上のサイズを購入してもOK!
袖丈は長そで位になってしまいますが、気になりません♪

 

④ズボンはジャストサイズをチョイス!

半ズボン以外はジャストサイズをチョイスしましょう。
子どもは活発に走り回ったりよじのぼったりして身体全体を使いながら
子どもらしい遊びを通して、健やかに成長していきます。

ズボンが大きいとまくったとしても動くと落ちてきてしまい、思いきり遊ぶことができません。
子どもの発達のためにもズボンは、成長に沿って買い替えるようにしましょう。

 

⑤2歳からは、脱ぎ着しやすい服をチョイス!

2歳頃は、トイレトレーニングの開始や生活習慣の自立など、衣類の脱ぎ着しやすさが求められる時期です。ベルトが必要なものやボタンが固いものなどは避け、ズボンの腰回りがゴムやマジックテープのものを選びましょう♪

 

⑥購入はリサイクルショップやフリマを利用!

中古のもので品質の良いものも多くあります♪
新品で買うと1000円のものでも中古なら半額以下になっていることが多いです。
なかには、1着100円のものも!

 

スマートフォンアプリでは、フリマアプリが数多く登場しいています!
写真を撮って、商品の説明を入力するだけで簡単に出品できてしまいます!
それらを活用するのも一つの手ですよね♪

まとめ

みなさん、いかがでしたか?

これら6つのポイントを守って、節約しながら親子でファッションを楽しみましょう♪

あわせて読みたい記事はこちら!