子どものファッション

2015.9.22

マザーズバックはここまで進化した!ブランド5選をご紹介!

マザーズバックはここまで進化した!ブランド5選をご紹介!

こんにちは!

今回は、日々進化し続けている【マザーズバック】について
特集したいと思います!

マザーズバックにはどのようなデザイン、実用性があるのでしょうか?
見ていきましょう♪

① L.L.Bean

名前や好きな言葉を『刺繍』できるので、世界で1つだけのバックを作ることができます☆

112643_0_11112643_02251_7

L.L.Bean 価格:5040円~

 

梨花さんが使用していたことで有名にもなりました♪

 

価格は、5,040円からとお財布に優しい価格設定になっています。

カラー展開は全9種類

サイズはスモール、ミディアム、ラージ、エキストラ・ラージまで揃っています。

 

シンプルなデザインなので、お母さんだけでなくお父さんでも使用できますね♪

② DANTON

dt-rc-1dt-rc-2

DANTON 価格:9800円

フランスのワークウェアブランド「DANTON」のリュックサックです!

ナイロン素材で、コーディネートしやすいブラックとネイビーの2色展開です♪

サイズは小ぶりなものの、広めのマチやフロントやサイドにポケットがあることで収納力抜群です♪

また、上に持ち手がついているので、2wayで使うことができます!

③ TOCCA

428_1

TOCCA 価格:26200円

大きなロゴと落ち着いた色のリボンが印象的なTOCCAのマザーズバックです。

 

1341585414

中はナイロン生地でできており、おむつ替えシートもついています。

口がチャックなので、ひっくり返しても物が外に出てしまうことはありません。

カラーは他にもピンクや水色などがあります。

値段は少し高額ですが、豊富なカラーバリエーションなので、個性も発揮できますね♪

④ みつばちトート

M_red_frontM_red_shoulder_01_thmM_red_open_thm

みつばちトート 価格:9000円

鮮やかな赤のトートバックです♪

コンパクトに見えて大容量

mother_con_4_thm

前後に大きいポケットがある上にこんなに沢山入っちゃいます☆

赤ちゃん連れのママにはファスナーを閉める暇もありません!
でもファスナーがないとバッグの中身が丸見え。
そんな心配も、ショルダーのふたをかけておくだけでOK
時間のあるときにファスナーを閉めて、まずは赤ちゃんを優先することができます☆

ベルトを付けたり外したりすることで、肩掛けにもななめ掛けにもなります♪

A4ファイルも余裕で入るので、収納に困ることはありません!

⑤ Mammy Roo(マミールー)

mr-7419022014ss_1

Mammy Roo 価格:5600円

バックのサイドには、使用済みのオムツを入れることのできるポケットがついています♪

また、未使用のオムツは、付属のポーチに入れちゃいましょう!

ポーチにはLサイズのオムツが3~4枚入ります。

ベルトを変えることで、ショルダーバックとハンドバックの2wayで使うことができます。

価格もリーズナブルで手を出しやすいですね!

まとめ

まとめ

最新人気のマザーズバック、いかがでしたか?

どのバックもママの大変さが軽減されるよう工夫がされていましたね。

マザーズバックを選ぶ時には・・・

  1. 内容量
  2. バックの種類(リュックサック、ハンドバックなど)
  3. 機能性

以上の3点に気を付けて選ぶといいと思います♪

 

お気に入りのマザーズバックが見つかりますように☆

あわせて読みたい記事はこちら!