トレンド・イベント

2016.2.19

家で楽しむひな祭り!おススメの献立☆

家で楽しむひな祭り!おススメの献立☆

ひな祭りは、女の子にとって特別な行事です。
「誕生日」「クリスマス」などとは違い、プレゼントがもらえるわけではないけれど、「女の子の節句のお祝いの日」として子どもが楽しい時間を過ごせるよう、素敵なパーティーメニューを用意してみてはいかがでしょうか☆

【ひな祭りの定番食べ物と由来】

【ひな祭りの定番食べ物と由来】

≪菱餅≫

菱餅は、桃色(魔除け)、白色(清浄)、緑色(健康・新緑)の三色でできています。
今は菱餅を食べる家庭も少なくなっていますが、桃色、白色、緑色の素材を使ったお料理を作ってみるのもよいのではないでしょうか。

 

≪ひなあられ≫

菱餅と同じく、桃色、白色、緑色の色合いのものが多く見られます。
ひなあられも、あまり好まない子もいますが、1年に1度くらい、食べてみるのも良いかもしれません。

 

≪甘酒≫

昔は桃の節句には白酒を飲みましたが、これはアルコール度数が高いものですから、今は子どもに飲ませることはありません。
アルコール分の少ない甘酒で代用することが多くなっています。

 

≪はまぐり汁≫

将来、ぴったりと連れ添える伴侶が見つかりますようにという願いを込めて食べられます。
はまぐりの貝殻の上に、ふたつの身を乗せて供することになっています。

 

≪ちらし寿司≫

今のお雛祭りの定番メニューとなっているのがちらし寿司です。
特に由来はないものの、縁起の良い食材を多く使っていることや、彩りが良いことからお雛祭りに欠かせないものとなっています。

おススメパーティメニュー≪お寿司系≫

・カップちらし寿司

Fotolia_56930728_Subscription_Monthly_M

 

定番ちらし寿司をひとつひとつ小さなカップに盛り付けてみましょう。
ご飯に混ぜ込む具材は一緒でも、上に飾りつける具を変えればかわいいプチカップ寿司がたくさん作れます。

容器は100均のプラスチックカップなどでも良いため、手軽です。
カップはなるべく小さいものにして、数を作ると見栄えもよくなります。
あまり数を作らない場合は、ご飯部分を層にしておかずを入れると横から見た時の見栄えがよくなります。

 

・手まり寿司

Fotolia_56930755_Subscription_Monthly_M

丸くした酢飯に、エビや生ハム、シイタケ、しそなどを載せてラップでくるみ、毬状に形を整えたお寿司です。
丸い毬はお雛祭りにぴったりですが、おかずに対してごはんの分量が多めになってしまうため、副菜をたくさん作る時にお勧めです。

 

・お雛様寿司

ひな祭り弁当

酢飯でお雛様を作ってみるのも良いでしょう。
薄焼き卵や海苔などで着物や顔を作ってみましょう。子どもも一緒に飾りつけると楽しいですよ!

 

・ちらし寿司ケーキ

s005_568

リング状やひし形など、きれいな形に盛り付けるだけで、ちらし寿司がケーキのような見た目に早変わりします。
彩りのきれいなちらし寿司は、華やかなパーティメニューに最適です。
メインの食事として目立たせたい場合は、思いっきり豪華にお刺身や錦糸卵を乗せてデコレーションしましょう。

おススメパーティメニュー≪デザート系≫

おススメパーティメニュー≪デザート系≫

・ひし形ケーキ

菱餅はあまり好きでないという子もいますから、普通のケーキをひし形に作ってみてはいかがでしょうか。
市販のスポンジを使えば、簡単に作ることができます。
スポンジをひし形に切って、間にクリームやイチゴを挟んでデコレーションすれば出来上がりです。
上にもイチゴを飾ると、ショートケーキ風になります。
お祝いの席ですから、黒系のチョコよりも、白いクリームや赤いイチゴ、緑の抹茶などを使うのがお勧めです。

 

・桜餅

桜餅や道明寺もひな祭りの定番お菓子として知られています。
薄ピンク色のかわいいお菓子をつまんでみてはいかがでしょうか。

 

・三色団子

菱餅の、ピンク、白、緑をお団子で作ってみるのも良いでしょう。
あんこや杏子などと一緒にかわいく盛り付けるとパーティらしいメニューになります。

 

その他、ちょっとしたオードブルやはまぐり汁、ポテトサラダなどを作ればパーティメニューの出来上がりです。
今度のひな祭りは、是非お寿司系とお菓子系に力を入れたメニューを作ってみてください☆

あわせて読みたい記事はこちら!