出産・育児

2017.2.9

お外へのデビューはいつごろから?赤ちゃん連れでの外出はここがポイント!

お外へのデビューはいつごろから?赤ちゃん連れでの外出はここがポイント!

天気の良い日には、赤ちゃんをベビーカーに乗せて一緒にお散歩するのもいいですね。
しかし、赤ちゃんの外出にはいろいろと気を遣わなければなりません。
連れ出していい時期はいつごろなのか。用意する物は何か。気を付けるべきことはなにか。
今回は、赤ちゃんとの外出のポイントについてみていきましょう。

①お出かけしてもいい時期はいつごろから?

①お出かけしてもいい時期はいつごろから?

どのくらいの期間で赤ちゃんの外出をさせるべきでしょうか?

赤ちゃんとの外出には、早くても産後1ヶ月後の検診が終わってからにするべきです。

生後1ヶ月以内での外出はできる限りやめておきましょう。

最初の頃は体温の調節が上手にできないこと、細菌に弱く病気になりやすいデリケートな状態です。

買い物はネットを使ったり、お父さんに買い物を頼むようにしましょう。

1ヶ月後検診が済んだら、まずは近所の散歩からです。

本格的、長時間の外出は、生後2ヶ月から3ヶ月を経過してからが適切です。

②用意すべきもの

②用意すべきもの

持ち物は、短い時間・距離のお散歩であれば、特に持ち物は必要ありません。

ベビーカーであれば、寒さ対策として薄手のかけものだけは忘れずに持っていきましょう。

長い時間・距離の外出、産後の期間が短いうちの外出に際しては、母子手帳・保険証・乳児医療証だけは必ず持ち歩くようにしておきましょう。

いつなにが起きるかわかりませんので万が一に備えることが重要です。

おむつ、お尻拭きや粉ミルク、よだれや涙を拭くためのハンカチやタオルなどもあるとよいですね。

③注意点

③注意点

・外気温に注意

前述の通り、新生児は体温調節がうまくできないため、屋内と屋外の気温差がなるべく少ない時間帯の外出にしましょう。

また、調節しやすいように服を重ね着させておくことも大切です。

脱ぎ着しやすい服装を1枚着せておきましょう。

 

・人ごみを避けて歩く

赤ちゃんは免疫力が十分でないので、細菌が集まりやすい人ごみは極力避けるようにしましょう。

駅、大型商業施設などは要注意です。

どうしても通らなければいけない場合は赤ちゃん用のマスクを用意しておきましょう。

 

・こまめに赤ちゃんを直接見る

抱っこして外出するなら問題ありませんが、ベビーカーだと押している間は赤ちゃんを直接見ることができません。

しばらく見ないうちに赤ちゃんの具合が悪そうになっていたなど、直接見ないと気づけないこともあるので、こまめに自分の目でチェックするように心がけてください。

あわせて読みたい記事はこちら!