出産・育児

2016.6.29

あなたは知ってる!?赤ちゃんの手形・足形の正しい取り方!【成長録】

あなたは知ってる!?赤ちゃんの手形・足形の正しい取り方!【成長録】

赤ちゃんの体重は、生後3ヶ月で生まれたときの2倍、生後12ヶ月で生まれたときの3倍と、1年の間に大きく成長します。

出産時の小さなお手てやあんよがどんどん大きくなっていくのは、とても感慨深いものですよね。

今回は、そんな赤ちゃんの成長を一目で分かるようにするために、手形・足形を残す方法をご紹介します。

赤ちゃんの手形・足形は何歳から?

Fotolia_72296242_Subscription_Monthly_M

手形・足形を取るのに、特に何歳からというものはありません。

生まれたときから取ることが出来ます。

ただし、赤ちゃんの機嫌が悪いと、一部型が取れなかったり、色々なところを汚してしまう可能性があります。

そんな時は、赤ちゃんが寝ている時にささっと行っちゃいましょう!笑 それが一番効率的☆

コレが便利!手形・足形を取る道具ナニが必要?

Fotolia_81206303_Subscription_Monthly_M

手形・足形は、自宅にあるものでも簡単に取れますし、専用のキットを使って取ることも出来ます。

自宅にあるもので取る方法と専用のキットをいくつかご紹介したいと思います。

朱肉や墨、インクで取る方法

朱肉や墨、インクで取る方法

赤ちゃんの手足に朱肉インクなどの塗料を塗り半紙や色紙メモリアルブックなどに、スタンプのように押しつけます。

手足についた塗料は、型をとったらすぐにウェットティッシュでふいてあげましょう。

このときキレイに拭き取れなくても、お風呂で洗ってあげれば汚れが落ちるので、ゴシゴシしすぎなくて大丈夫ですよ。

紙の余白に、日付けや子どもの名前を書いたり、シールを貼ったりして装飾を楽しむのもいいですね。

紙粘土を使って取る方法

紙粘土を使って取る方法

ケースに紙粘土を敷き詰め、手形・足形を取って乾燥させれば完成です。

出来上がった紙粘土に色をつけてあげれば、オリジナルを楽しめますよ。

専用キットのご紹介

・おたんじょうきろく 粘土タイプ パイロットインキ

 

51iwqq8N59L

出典:Amazon

粘土に足または手を押し付けて形を取るタイプで、乾燥すると固まります。

写真や出生時の記録などを書きこむことができ、そのまま飾ることのできるフォトフレームタイプにもなります。

 

・メモリアルバースデーボード バースデイボード

 

41ez6CqCg0L

出典:Amazon

赤ちゃんの手形(足形)と名前・身長・体重・スワロフスキーを配した星座イラストつきのオシャレなフォトフレームです。

お仕立て券に赤ちゃんの手(足)を汚さない手形採取キットがセットしてあるので、安心して手形(足形)を採取でききます。

 

・3Dフォトフレーム

 

61x-dwLg4EL__SL1000_

出典:Amazon

写真と一緒に立体的な手形・足形を飾れる木製フォトフレームです。

「こんなかたちだったんだ!」と思い出せるのは、親としてはとても嬉しいですし、家族みんなで盛り上がることが出来ますよね。

より詳細なかたちで記念として残したいという方におススメです。

まとめ

いかがでしたか?

毎年の誕生日に手形と足形を取れば、1年でどれくらい成長したかが分かりやすいですし、記念にもなりますよね。

後から見ると、「こんなに小さかったんだ!」と子どもの成長を実感出来ますし、子どもが大きくなったときに一緒に見るのも楽しいですよ♪

あわせて読みたい記事はこちら!