出産・育児

2016.5.31

両親学級とは?~初めての子育てでも怖くない~

両親学級とは?~初めての子育てでも怖くない~

初めての出産に初めての育児。楽しみと同時に不安なこともたくさんありますよね。
そんなママとパパの不安を解消してくれるのが両親学級。

一度は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
参加してみたい気持ちはあるけれども、どんなことをするか分からないと不安ですよね。

今回は、この両親学級についてご紹介します。

両親学級は、いつ・どこで参加できる?

最近では、「イクメン」といった言葉が一般的になったり、出産時にパパが立ち会ったりなど、出産・育児に参加するパパ達が増えてきています。

一昔前では、出産・育児はママがやって当たり前だなんて風潮がありましたが、だんだんと出産・育児はママとパパのものといった考え方が根付きつつありますよね。

 

Fotolia_53933680_Subscription_Monthly_M

 

そんなママとパパが一緒に妊娠や出産、育児について学ぶことが出来るのが両親学級です。

両親学級は、主に初めて出産を迎えるママ・パパを対象に、各市区町村の保健所や母子健康センター、病産院などで行われており、プログラムの内容は実施機関によって異なります。

時期も主催している産院や自治体によって異なりますが、22週以降に行われるところが多いです。1~2回のプログラムがほとんどで、仕事をしているパパでも参加しやすいよう開催は平日夜や土日の日中が多いです。

参加を検討している夫婦は、早めに予約をした方がいいかもしれませんね。

 

▼関連記事はこちらから

・『パパスイッチ』ON!パパスイッチは本当にあった!?

どんなことを習うの?

どんなことを習うの?

◆妊娠中や授乳中の食事に関するアドバイス

妊娠中、特に産休に入ると、急激に体重が増加してしまう妊婦さんが多いです。それまで仕事で動いていた人も産休に入ると動く機会が少なくなりますし、お腹が大きくなってきて動くのが億劫になってきます。

一方、食欲は増加する上に、家にいるとなにかしらつまんでしまいます。

そんなときの体重管理や母乳育児を考えているママのために母乳がよくでるためのおっぱいマッサージ、母乳に良い食事についてアドバイスをしてもらえます。

 

◆出産のイメージ

初めての出産はイメージがわかず本当に不安ですよね。

両親学級や母親学級では、陣痛がきたり、破水したりした場合の産院に連絡を入れるタイミングや、陣痛の間隔が短くなり、分娩へとなる流れを説明してくれます。

また、分娩時の呼吸法や立ち会い出産するパパのためのマッサージの仕方を練習します。安心してお産に臨むためにも、ぜひ参加することをオススメします。

 

Fotolia_88690712_Subscription_Monthly_M

 

◆妊婦体操

妊娠すると腰痛やこむら返りなどたくさんのトラブルが起こります。

そんな時に楽になれる姿勢や出産時の体力をつけるためのポーズを教えてもらえます。

 

◆おむつ交換や沐浴体験

3キロの赤ちゃんの人形を使って、おむつ交換や沐浴の練習をします。おむつを交換は、腰の上げ方やうんちをしたときの拭き方などを学びます。

沐浴では、実際にベビーバスを使って指導をしてもらえます。

お湯の温度や洗い方の手順、赤ちゃんの耳に水が入らないようにする持ち方などが学べます。沐浴は退院後すぐに行うことですので、練習しておくと産後慌てずにすみますよ。

 

◆パパの妊婦体験

8ヶ月の妊婦さんを想定した、7〜8キロの重りがお腹に入った特殊なジャケットを着用して、妊婦の疑似体験をします。

妊婦さんならではの体の重さや動きづらさは、なかなか男性には想像できませんよね。

パパに疑似体験してもらうことで、これからのサポートの仕方が変わってくるかもしれませんよ。

両親学級を楽しむコツはある?

両親学級を楽しむコツはある?

普段からママの話を聞いたり様子を見たり、育児書やインターネットの情報サイトを読んでいるパパでも、出産のプロから直接話を聞くことは大きな刺激となるようです。

 

また、妊娠週数の近い人との交流で同じ悩みや不安を夫婦以外で共有できますし、他の夫婦が両親学級に参加している姿を見て、自分たちも頑張ろうと思えるようです。

 

ちなみに、開催場所によってはミルクやサプリの試供品をくれることがあります。どの商品が良いかなど実際に使って決められるのは嬉しいですよね。

まとめ

いかがでしたか?

母親学級はママが出産や子育てについて学ぶ場であるのに対して、両親学級はパパにこれから出産、子育てをするママについて学んでもらう場です。

ママは、お腹の中で赤ちゃんを育てているので徐々に親になる実感が湧いてきますが、パパはなかなかすぐには親になる実感をもてません。

パパが親になる準備をするために、また、産後パパにサポートしてもらうためにも、ぜひ両親学級に参加することをオススメします。

あわせて読みたい記事はこちら!