出産・育児

2015.9.11

幼稚園・保育園、ウチはこう選んだ!保存版!

幼稚園・保育園、ウチはこう選んだ!保存版!

幼稚園・保育園選びって、とても重要なんです。なぜなら、幼稚園・保育園によっていろいろなことが大きく異なるから。「子どもにも自分にも合った幼稚園・保育園はどこだろう・・・」そんな不安を抱えているママたちのために、『園選びの決め手』をご紹介します!

幼稚園編■Top1 『園の方針が合っている!』

園長先生

幼稚園には、それぞれ幼稚園ごとに方針があります。

例えば・・・

音楽や絵画・読み書きなど、文化面に力を入れている園。

運動や遊びで体を動かし基礎的な体力や体づくりを重要視する園。

イベントや運動会、発表会などに力を注ぐ園。

英会話や座禅やお茶会など、他の園との差別化を図る園。

など、本当に園によって全く色が異なります。

 

そしてその色は、『園長先生』によって決まっています。幼稚園は、小学校や中学校とは異なり、園長先生の考え方が非常に影響してきます。なので、園長先生の考え方・方針はしっかり聞くようにしてください。そして家の教育方針と、園長先生の考え方があっているかどうか、実際の園の様子にズレがないかどうか、チェックしましょう。

幼稚園編 『先生の対応や雰囲気』

幼稚園の先生

先生の対応や雰囲気は最重要ポイントです!先生が、園の方針をしっかりと理解して、真摯に子どもと向き合ってくれているかが大切。問い合わせの電話をしたときに対応が悪い園は要注意です。

インタビューでは「園長先生の人柄で決めました。いくら良い方針でも、先生が歪んでいればダメだと思う。うちの園は先生方はもちろん、バスの運転士さんまで雰囲気がよく、娘も園を休みたくないくらい大好きなんです!」と語るママがいました。子どもに直接接する先生が素敵な人であるかどうか、自分の目でしっかりと確かめたいものです。

幼稚園編 『延長保育があるかどうか』

延長保育

幼稚園でも、働いているお母さんが多いそう。そのため、夕方まで預かってくれる延長保育や預かり保育の制度があるところが人気です!しかし、保育園のようにいつでも預かってくれるわけではないみたいです。時間、料金、行事、長期休暇についてはしっかりとチェックしておきましょう。

17時までの園長保育を毎日利用しています。その時間は、年長~年少さんが一緒に遊んだり、おやつを食べたりとよい雰囲気です。

延長した日でも、帰りは職場の近くまで園バスで送ってくれるので、長く働ける!

といったママたちの声がきかれます!上手に延長保育を利用できるといいですね♪

幼稚園編 『家から通いやすい!』

お迎え

毎日のことだから、家からの通いやすさは重要。送迎だけではなく、行事のお手伝いや父母会などで園と自宅を行き来する必要があることも。園の方針など、考えなければならない要素はたくさんあるけど、どんなに気に入った園でも、あまりにも遠いところなら考え直す必要があります。

家から自転車でいける範囲内で、仕事帰りに迎えに行くこともあるので、駅からも近いところにしました!」というママ。近いという感覚はそれぞれですが、だいたい徒歩8分以内だそうです。また、徒歩10分以内でも、送迎には自転車を使う人が多いみたい。

幼稚園編 『制服が可愛い☆』

幼稚園の制服

重要な条件ではないけれど、制服は可愛いほうが嬉しいですよね!有名なデザイナーさんがデザインする制服もあるみたい。私立幼稚園は、制服にもこだわっているところが多そうですよね♪

保育園編■Top1 『設備が整っている』

enntei

次は保育園編です。

園庭の有無、広さを重視しているママが多いそう。小さい子どもを預ける場所なので、掃除が行き届いているかどうかも重要です。

施設・設備を見るポイントとしては・・・

  • 保育室の広さや整理の状況・遊具の配置や種類(年齢に見合った施設・設備かどうか)
  • 園庭の広さや固定遊具の種類や配置の状況・使われ方
  • 保守点検など安全管理の状況

これらを重点的に、1日の大半をすごす場所として整った環境であるかどうか、チェックをしましょう。

保育園編■Top2 『家から近い!』

可愛い子

家からの近さは重要です!1歳から預けるひとが多いので、ベビーカーで歩ける範囲内というのが条件のようです。徒歩圏内なら、パパも送迎をしてくれるかもしれないですね!

子どもとの通園はとにかく大変!一人で歩くより時間が2倍も掛かるし、2人こどもがいるので、雨や雪の日の通園はかなり過酷です。子ども自身が嫌にならないためにも近場をおすすめします。

というママの声。

保育園編■Top3 『保育時間が長い』

保育士

働くママは、残業や休日出勤の可能性もあるため、延長保育や土曜保育の有無が気になりますね。それらにかかる料金も園によって様々なので、しっかりチェックしておきたいです。

参考になるママ達の声をご紹介します。

通常保育は16時までだけど、申請すれば18時半まで無料で延長できるので働きやすい。

勤務時間が不規則なアパレル勤務のため、7時半から22時まで預けられるのは助かる!

定時ではなく朝が遅め出勤の日は、子どもとゆっくり過ごせたり、フレキシブルな対応

保育園編■Top4 『保育士さんの対応や雰囲気』

保育士!

園長先生の方針や人柄、保育士さんの雰囲気を見ましょう。保育所の場合、幼稚園とは異なり、一日のうちに複数の保育士さんと関わることになります。正規の職員、臨時の職員など、さまざまな立場の保育士さんがいることを知っておき、構成などを確認しておけるとよいです。

たくさんの園を見学したけど、先生の対応にかなり違いが。親身になってくれる園に通わせたら、信頼関係が築けました。

公立の先生は、経験豊富でしっかりしていると入園後に実感しました。

あわせて読みたい記事はこちら!

画像引用:http://www.makoto.ed.jp/ http://materials1.web.fc2.com/park.html http://purisoku.com/archives/7644966.html http://shingakunet.com/bunnya/w0031/x0399/ http://katsurayouchien.com/?page_id=45 http://kowagama-yochien.ed.jp/seihuku.html http://hoiku4510com.hatenablog.com/entry/2015/04/14/205018 http://kekyo.at.webry.info/201204/article_3.html