出産・育児

2016.2.8

子育ての悩み誰に相談していますか?

子育ての悩み誰に相談していますか?

育児をしていると、毎日様々な問題に突き当たります。
「こんな時、どうしたらいい?」
「うちの子は、もしかして少し変なんじゃない?」
「これって救急外来に行った方がいい!?」などなど、
子育ての悩みは緊急的なものからそうでないものまで様々です。
そんな子育ての悩みをママたちは一体誰に相談しているのでしょうか。

どんな人に相談する?

どんな人に相談する?

 

パパは、子育てをしているママの一番の味方です。
自分の子どものことですから、
親身になって考えてくれるという意味でも相談にはうってつけの相手だと言えるでしょう。
しかし、日頃会社勤めで忙しく、なかなか子どもの面倒を見る時間のないパパの場合は、
ママの悩みがピンと来ないということもあります。

そうすると、具体的な質問の答えが返って来なかったり、
ただ愚痴を聞いて欲しいだけなのに、
「だから何?」「俺も疲れてるんだけど」などと気のない返事をされてしまうこともあります。

パパに子どもの相談をしたいときは、
あらかじめLINEなどで「今日○○でこういうことがあった」などと、
軽い説明をしておくと良いかも知れません。

また、実際の育児に関するママ特有の「あるあるお悩み」などは共感されにくいこともあるため、
パパには向かない相談である場合もあります。

一方、「なかなか立ち上がらないから心配だな……」「今日はご飯をあまり食べなかったんだよ」といった、
毎日の報告や心配ごとは、パパと共有すると良いかもしれません。

 

子ども

 

【ママ友】

同じように子育てをしているママ友は、今まさに同じ苦労を背負っている心強い仲間です。
しかし、改めて相談するとなると、どう話して良いかわからない、というケースも多いのが現実です。
ママ友と会う時は、子ども同士が遊んで、ママたちは世間話をしておしまい、
というケースが多く、改まった質問や相談はしにくい環境なのです。

とはいえ、「服がすぐ小さくなっちゃうんだよね~。ちょっと大きめ買おうかな?」
「お勧めの絵本ってある?」など、ちょっとした日常の相談は、やはりママ友にするのが一番です。
会話の中で、さりげなく相談したいことを伝えてみてはいかがでしょうか。

 

ショッピングする女性

 

【親】

義理の両親や自分の両親と仲が良い場合は、ちょっと改まった質問もしやすく、
親身になって聞いてくれるというメリットがあります。

子育てをした経験もある大先輩ですから、気付かなかった良い案をもらえる可能性もあります。
しかし、昔と今では子育て事情も変わってきています。
やり方を押し付けるタイプの親の場合や、考え方が合わないかも……という場合はやめておいた方が良いでしょう。

 

シニア

 

面識のない人に相談するケース

面識のない人に相談するケース

【専門家】

子どもに関する悩みや心配事は、保育士や子育て相談員、栄養士、小児科医などに相談することもできます。
健康や発育状態についての相談であれば小児科医、
それ以外のしつけ方法や毎日の暮らしの中での疑問は保育士などに相談するのが良いでしょう。
専門家の相談窓口は、各自治体に問い合わせると教えてもらえるはずです。

こうした機関であれば、ママの悩みが外部に漏れることは絶対にありませんし、
専門的な立場から適格なアドバイスがもらえます。
具体的な「○○に困ってる!」という悩みがある場合は、思い切って専門家を頼ってみるのも良いのではないでしょうか。

 

携帯

 

【SNS】

スマホを使えば、いつどこにいても気軽にインターネットにアクセスすることができます。
ネット上には、ママたちが様々なことを相談できる掲示板のような場所がたくさんあります。

こうしたところで匿名の相談をしたり、ブログを解説して愚痴や悩みをつづるというのも良いでしょう。
気分転換になりますし、幅広い意見が聞けるというメリットがあります。
一方、個人情報を出し過ぎないように注意したり、悪意ある書き込みにめげないようにすることも大切です。

 

まとめ

このように、子育てに関するお悩みは、
内容や深刻度によって相談する相手を変えることをお勧めします。
ひとりで抱え込まずに、複数の「相談できる場」を持っておくようにしましょう。

あわせて読みたい記事はこちら!