出産・育児

2016.1.30

子どものスマホデビューはいつがいいの??

子どものスマホデビューはいつがいいの??

スマートフォンやタブレットを使い始める年齢は、年々低くなってきています。
2014年の株式会社GABA調べでは、
中学生の子どもの34.4%にスマホを持たせているという結果が出ています。
スマホを持っていないと、LINEなどの繋がりに入れずに疎外感を感じるといった問題もあり、
子どもとスマホの関係はどんどん密になってきています。

子どもにスマホを持たせる危険性

子どもにスマホを持たせる危険性

子どもにスマホを与える時期については、「高校生になったら」と考えているママが最も多いようです。

しかし、一方で、中学に入ったタイミングでスマホを持ち始める子も多く、
前述したような「お友達と話が合わなくなってしまう」という問題もあります。

 

実際に子どもにスマホを持たせているママやパパに話を聞いてみると、
「○○歳なら問題ない」というよりは、
スマホの使い方やどのような約束事を作るかがポイントになっているようです。

「子どもにスマホを持たせるのは危険」と感じているママやパパはたくさんいます。

それでは、具体的にどんな危険性があるのか考えてみましょう。

 

・スマホに夢中になりすぎる

 

・勉強をしなくなる

 

・親の知らない交友関係が出来る

 

・夜更かしをする

 

・子ども同士がネットを通じてトラブルになり得る

 

・スマホの高額課金などをしてしまう可能性がある

 

・高額なスマホを壊してしまう、または壊されてしまう可能性もある

 

・子どもに相応しくないサイトを閲覧してしまう可能性がある

 

他にも様々な問題が起こる可能性があります。

こうした問題に対処するためには、ママと子どもとの「スマホの約束」をしっかり作っておくことが大切です

口約束ではなく、紙に書いてきちんと署名させるなど、形に残すようにしてください。

スマホ利用のお約束

スマホ利用のお約束

それぞれの問題に対処するために、約束を作る必要があります。

 

子どもがスマホに夢中になりすぎる

⇒スマホを使っていい時間を決める(学校から帰ってきて宿題が終わってから、夜20時までなど)

⇒家族での外出にはスマホを持たせない(レジャー先などでもスマホや携帯ゲームをいじっている子どもがいますが、これは感心できません)

 

子どもが勉強をしなくなる

⇒宿題が終わるまでスマホはママが預かる

 

親の知らない交友関係が出来る

⇒スマホのLINE相手はママが定期的にチェックする

⇒学校以外のお友達とLINEをするときはどういう人かきちんと説明する

 

子どもが夜更かしをする

⇒約束の時間以外はスマホはママが預かって触らせない

 

子ども同士がネットを通じてトラブルになり得る

⇒LINEなどを定期的にチェックする

⇒もし少しでもトラブルになりそうだったら必ず相談すると約束させる

 

スマホの高額課金などをしてしまう可能性がある

⇒スマホ代金をお小遣い口座からの引き落としにして落ちなかった場合はスマホを取り上げると約束しておく

⇒定期的に利用金額をチェックする

 

高額なスマホを壊してしまう、または壊されてしまう可能性もある

⇒スマホが2年(※例)以内に自分のせいで壊れたらお小遣いで買い替える約束をする

⇒誰かに壊された場合は必ず相談すると約束する

 

子どもに相応しくないサイトを閲覧してしまう可能性がある

⇒フィルタリング機能を使う、閲覧サイトを時々チェックするなど

約束事の注意点

約束事の注意点

約束をママが押し付けようとすると、子どもは反発してしまいます。
また、小学校中学年くらいまでであれば良いかもしれませんが、
中学生や高校生になると、親にLINEの内容などを見られるのは嫌だという子がほとんどでしょう。
それを頭ごなしに見せろと言うのでは、子どもの自主性は育ちませんし、親子関係も悪くなってしまいます。
そう言う場合は、お互いに納得できる他の約束を考えてみてください。
「約束を守ることでスマホを持たせる」という交換条件を子どもも納得できていなければ、
隠れてスマホを悪用してしまうことだってあるでしょう。
そうならないためにも、親子での話し合いが大切なのです。

子どもにスマホ・ネットを使わせる前に見ておきたいサイトまとめ

スマホやネットでは、クリックだけでいろいろな品物を買うことができます。
実際には存在しないゲームの中のアイテムであったり、情報であったりも、インターネット上では多数売買されています。
それらの中には、詐欺まがいのものも多数存在していますし、何より子どもが勝手に高額な品物を気軽に買えるというのは危険を伴います。
クリックだけで買えるものであっても、実際にお金が発生するのだということ、詐欺が多数あるのだということも、子どもに伝えておく必要があります。
こたエール(東京こどもネット・ケータイヘルプデスク)
http://www.tokyohelpdesk.jp/helpdesk/index.html

kotaeru_logo

こちらのサイトには、多数の具体的なトラブル事例も掲載されています。

お金に限らず、写真やワンクリック詐欺、スパムなど、様々な問題や対応方法が書かれているので、是非見ておいてください。

 

政府広報オンラインhttp://www.gov-online.go.jp/useful/article/201303/3.html)にも書かれているように、家庭ごとのルールを決めることが大切です。

ネットやスマホを利用する時の約束事をしっかり決めて、破ったら取りあげるなど厳しく教えていきましょう。

あわせて読みたい記事はこちら!