出産・育児

2015.12.10

【卒乳・断乳】時期と方法を伝授♪

【卒乳・断乳】時期と方法を伝授♪

よく「1歳になったら卒乳を」と言われていますが、わが子が卒乳出来るか不安なママもいるのでは?
といっても、1歳を過ぎたら必ずやめなければいけないというわけでもないですし、
おっぱいは子どもとの関係を確認する大切な絆と考えているママも多いと思います。
今回は、卒乳しても大丈夫なタイミングと卒乳する際の計画をご紹介します。

寂しい?不安?<卒乳のタイミング>

fotolia_96255292

 

◯卒乳とは?

赤ちゃんが成長とともに自然と母乳を卒業すること、それが卒乳です。

母乳育児に限らず、ミルクの場合でも卒乳という言い方をします。

 

◯卒乳してもいいのはいつ頃?

卒乳の大きな目安となるのは、赤ちゃんが母乳・ミルク以外からもきちんと栄養が取れるかどうかです。

赤ちゃんの月齢が上がったとか離乳食が3回食になったということではなく、

1日3回の離乳食できちんと栄養が取れているかということが重要です。

具体的には、以下の通りとなります。

 

水分がコップ・ストローで満足に飲める

母乳・ミルクは栄養分としてだけでなく、水分補給の役割も持っています。

そのため、赤ちゃんがコップやストローマグを使用して水分がきちんと取れるかどうかが重要です。

赤ちゃんの飲む量が減っている

離乳食をスタートすると、これまでの授乳のタイミングのいずれかを離乳食におきかえ、

食後に授乳というスタイルがほとんどです。

その場合、母乳やミルク以外の食事がきちんと取れていると、自然と赤ちゃんが飲む量が減ってきます。

赤ちゃんの様子も大切

ママの母乳が大好きな子が卒乳するためにはまだまだ準備が必要です。

赤ちゃんの意思で自然な流れで卒乳するには時間がかかるかもしれません。

一方で、まだママの母乳を飲んではいるものの、

飲む時間が短くなっている・自分から求めることが減ってきたというように

おっぱいへの執着心が薄れているのであれば、

卒乳を考えるママにとってはうれしいサインです。

ママのメリット&先輩ママのきっかけは?

fotolia_97091045

 

◯卒乳は、ママにとってもメリットがある!

・授乳中は、カフェインやアルコールに制限がありますし、

栄養バランスや服装にも気を遣いますが、卒乳するとこれらのことに気にかけなくて済みます。

・生理が来て妊娠しやすい体になります。

・市販薬を飲むことができます。

 

◯みんなの卒乳のきっかけは?

では、先輩ママたちはどんなときに卒乳したのでしょうか?

同じタイミングで卒乳を決心する方もいるかもしれませんね☆

 

1位 「授乳がつらい」と思えてきた
「夜中に起きるたび、添い乳がつらい」「もう出ていないのに吸われるのがイヤ」など、ママが授乳を負担に思うことは、そろそろ卒乳のサイン。栄養面での役割を終えている時期なら卒乳計画を。

 

2位 ママの職場復帰を機に
職場復帰のために卒乳しなければと思うママも多いようですが、勤務中はトイレなどでしぼって、帰宅後に母乳をあげることもできます。とくに月齢が低い場合は、栄養面を考えても続ける工夫を。

 

3位 子どもがおっぱいを欲しがらなくなってきた
上記の「卒乳する条件」を満たしていれば、赤ちゃんからの自立と考えられ、理想的。ただテレビの音などで集中できず欲しがらなくなる場合も。その場合は授乳環境を見直して。

出典:Baby-mo

卒乳は計画的に!

fotolia_59569032

 

卒乳を決めたら、ある日パタリとやめるのではなく、計画的に行うようにしましょう。

これは、赤ちゃんのストレスを減らすためでもありますし、

ママが乳腺炎になるのを防ぐためでもあります。

 

<Step 1>
飲ませる時間を減らしていく
1回に10分あげていたなら5分にするなどして時間を減らすことで、赤ちゃんが飲む量を減らします。おっぱいを全部吸い出さないことで、徐々に分泌を減らす作用が。これを実行するだけで、赤ちゃんの断乳ストレスはずいぶん少なくなります。

<Step 2(2~3日後)>
飲ませる回数を減らしていく
時間を減らして2~3日様子を見て、赤ちゃんが平気そうにしていたら、回数を減らして量を減らしましょう。朝昼晩とあげていたなら、朝晩だけに。もし、おっぱいを欲しがって泣いたときは、外に連れ出したり、牛乳やお茶、おやつなどで気をまぎらわせて乗り切りましょう!

<Step 3(1週間後)>
思い切って3日間与えない!
ここで最大の難関です。3日間、おっぱいを飲ませずにためること。夜寝る前に泣き叫んでも、絶対にあげてはいけません。これを乗り越えれば、赤ちゃんはあきらめることが多いよう。もちろん、おっぱいのかわりに哺乳びんでミルクを与えたりはしないで!
3日であきらめたかな?

<Step 4>ママの体をケアするために…
3日間を乗り越えたら、あとはママのおっぱいケア。ようやくここで排乳をして、乳管口の詰まりを取ります。そして5日~1週間、出さずにためますが、今度は1回目よりはたまらないはず。排乳して乳管口の詰まりを取り、今度は1カ月ためて排乳……という手技を3~4回繰り返して終了です。

出典:gooベビー

まとめ

fotolia_80057409

 

いかがでしたか?

無理して卒乳することは、ママにとっても赤ちゃんにとってもストレスになってしまいます。

上記のタイミングや卒乳計画を参考に、わが子の卒乳について計画してみてくださいね!

あわせて読みたい記事はこちら!