ブログ

2016.12.20

子どもの歯磨きいつからどう教える?

子どもの歯磨きいつからどう教える?

物心ついたときから毎日のようにしている歯磨き。
自分が親に歯磨きを教えてもらったときのことをいざ思い出そうとしても、なかなか思い出せないという方は多いのではないでしょうか。
生後6ヶ月頃から乳歯が生え始めると、「歯磨きを始めるべき?」「いつから始めた方がいいの?」と疑問に思いますよね。
今回は、こわい虫歯から可愛い我が子の歯を守るために、歯磨きのスタート時期や歯磨きトレーニングのグッズをご紹介します。

①子どもの歯磨きスタート時期

①子どもの歯磨きスタート時期

「子どもの歯磨きっていつから始めればいいんだろう?」そう疑問に思うママはたくさんいると思います。
結論からいうと、歯磨きを始めるのは歯が生え始める6ヶ月~1歳頃がよいです。
といっても、離乳食や母乳、ミルクがメインの時期は、唾液の力で十分清潔に保てるので、綺麗にするという目的よりも歯ブラシに慣れさせるために歯ブラシを持たせてみるとよいでしょう。

また、歯が生え始める少し前からよだれの量が増えたり、口の中を気にしてぐずりはじめたりすることがあります。

そんなときは、歯固めを与えてあげると、歯茎のむずむずを抑える効果があります。

歯固めには、むずむずを抑える効果だけでなく、自分の力で噛むためのトレーニングや噛むことで歯茎をマッサージして、乳歯の成長や顎の発達が促される効果もありますので、ぜひ赤ちゃんの状況に合わせて利用してくださいね。

②どうやって教える?使えるグッズをご紹介

②どうやって教える?使えるグッズをご紹介

子どもが歯磨きをするときに使うおススメのグッズをいくつかご紹介します。

 

・KJC EDISONselect カミカミBabyバナナ

赤ちゃんの歯固めと言えば、ロングセラー商品となっているこちらのバナナの歯固め。

どこを噛んでも大丈夫なやわらか素材の歯がためで、噛む場所によって少し形状が異なるので、お気に入りの赤ちゃんも多いようです。

バナナ形状により口の奥深くに入ることを防いでくれるのも嬉しいですね。
・テテオはじめて歯磨き 仕上げ磨き用/コンビ
歯ならびの隅から隅までよく届く「15度ななめネック」と奥歯の溝の汚れを効率よく掻き出す山形ブラシで磨きやすくなっているベストセラー商品です。
「ひし形グリップ」+「すべり止め」で指にフィットするところもおススメポイントです。
また、歯ブラシをいくつか用意しておいて、「今日はどの歯ブラシにする?」と子どもと一緒に選んでみたり、複数の歯ブラシに名前をつけてあげたりすると、子どもも歯ブラシに愛着を持って使ってくれますし、歯磨きタイムが楽しい時間になりますよ。

 

・ワンタフトブラシ/ラピス
子供の奥歯の溝や歯と歯茎の間など、取りにくい部分の汚れをピンポイントでとりやすい、便利な歯ブラシです。
歯科医院や小児歯科で購入できます。

 

・ルシェロ フロッサー/ジーシー
小児歯科で販売されているデンタルフロス。
先端が付け替えでき、角度がついているため、とても磨きやすく、仕上げ磨きや幼稚園児、小学生におススメです。

 

・DENT.プラークテスター/ライオン
この「DENT.プラークテスター」はお口の中に含んで、くちゅくちゅぺってすると、まだ磨ききれていないところが着色するそうです。
言葉で言っても通じにくい子どもには、実際に汚れを見てもらったほうが汚いことが伝わるかもしれませんね。
また、自分で磨くのが苦手な部分なんかもあるかもしれないので、こちらのグッズを使って確かてみるのもよいでしょう。

 

・クリニカ デンタルリンス/ライオン
歯磨きが終わったら終了!ではなく、うがいをしましょう!
こちらの商品は、細菌の繁殖を抑えて虫歯や口臭、歯肉炎などの予防をしてくれます。
ママやパパの仕上げ磨きが終わった後に使ってくださいね。

③まとめ

③まとめ

いかがでしたか?
小さい頃から歯磨きの習慣をつけることはとても大切です。
歯や歯磨きの大切さを伝えながら、親子のコミュニケーションをとる楽しい時間になるといいですね。

あわせて読みたい記事はこちら!