ブログ

2015.12.19

日本と海外のお弁当はこんなに違うの!?

日本と海外のお弁当はこんなに違うの!?

日本では、デコ弁やキャラ弁など凝ったお弁当が注目されていますが、
海外のランチボックスを覗いてみると、
実は簡単・可愛い・ちょっと手抜き!?のものがたくさんあるんです。

海外のランチボックスを参考に、簡単なお弁当作りをしてみませんか?
今回は、海外ではどんなお弁当が作られているのかをご紹介します!

アメリカのお弁当は大雑把!?

卵焼き

 

アメリカでは、ジップロックやタッパーをお弁当箱代わりにする人が多いようです。

リンゴを丸々1個持っていくことも…!(アメリカでは、リンゴの皮を剥くという習慣がないそうです。)

ワイルドですね!

お弁当も生野菜やフルーツをカットしたり、

クラッカーやパンをお弁当にそのまま詰め込むパターンが多いようです。

日本との違いに驚きますね…!

 

<そんな海外のお弁当はコチラ>

 

お弁当

出典:easylunchboxes.smugmug.com

 

海外のランチボックスは、このようにボックス自体が最初から

セパレートされているものが多いようです。

日本ではアルミホイルで小分けしたり、おかずをそのまま隣同士で置くことが多いですよね。

このボックスなら、小分けがしやすいですし、味も混ざらなくて使いやすそうですね!

また、日本ではお弁当の主食といえば、お米が多いですが、

海外ではパンやパスタ、ヌードル、クラッカーなど、

いろいろなものが主食として入れられているようです。

 

お弁当

出典:www.meetthedubiens.com

 

水槽の中のカラフルな魚達をイメージするようなお弁当ですね。

上のボックスは、カラフルフィッシュクラッカー、

その隣にベビーキャロットの生の輪切りがたくさん。

下のボックスは、チキンサンドイッチ、横は洋ナシです。

もはや、ほとんど切るだけでとても簡単ですね!

 

お弁当3

典: www.familyfreshmeals.com

 

フルーツを混ぜたクリームチーズをサンドしたベーグル。

日本では、なかなかお弁当にベーグルを作りませんが、

たまにはお米ではなくベーグルにするのもお洒落ですね!

 

お弁当

 

左側に詰められているのはお蕎麦でしょうか…?

お豆とサラダで半分以上が占められていて、

日本の家庭で作るお弁当にはあまり見られない斬新なお弁当ですね!

 

お弁当5

 

色合いがカラフルでとてもキレイですね!

サラダとフルーツでとってもヘルシー!

これとは別に小さなおにぎりやサンドイッチを持っていったら、

ダイエットにもいいかもしれませんね!

 

▼関連記事はこちらから

・大人気キャラクター!【ミニオン】のキャラ弁テクニック

・ワーキングママにうってつけ★お手軽キャラ弁8選

日本のお弁当を見た海外の人達の反応

ランチタイム

 

こちらの日本のランチタイムを見た海外の反応がコチラです。

日本のお弁当って、やっぱりスゴいんですね…!

 


 

・私のママは絶対あんな大変そうなの作ってくれない。

たぶんソーセージとライスをそのままポンって入れるだけだな。(イギリス)

 

・えっ、あのランチは家から持ってきてんの?

てっきりレストランでオーダーしてるのかと思った。(ドイツ)

 

・本当に毎回教室でランチを食べてるのかしら。

それにしてもお弁当に使われてる食材の数が凄い。(アメリカ)

 

・クールだなぁ。私も日本の学校に通いたいよ……。

食べ物(リンゴ1つでも)を持って行くと、変な目で見られるんだよね…。

私の学校の給食は、クロワッサンとフルーツジュースだけだよ。

ヘルシーでもないし美味しくもない。(サウジアラビア)

 

・あんな美味しそうなお弁当、私だったら食べ過ぎちゃうToT(タイ)

 

まとめ

まとめ

いかがでしたか?

日本との違いに驚いたママもいるのでは?

デコ弁に疲れたときは、海外のお弁当を参考にして、

少し肩の力を抜いてお弁当を作ってみてくださいね!

あわせて読みたい記事はこちら!